【Google Adsense1】 新規申請から通過までの流れを詳しく解説します

こんにちは!Kanako(@KanakoOnishi)です。

今回はこれから行うGoogle Adsenseの審査の申請〜通過するまでの流れを詳しく解説させていただきます。

以下の【準備編1】〜【準備編5】までの作業は終わっていますか?

  1. サイトの立ち上げ(独自ドメインとサーバーの契約)
  2. お問い合わせフォームのサイトへの設置
  3. 特定商取引法とプライバシーポリシーのサイトへの設置
  4. 記事が15記事〜20記事の作成が終了

 

いよいよGoogle Adsense にあなたのサイトの審査申請ですね!

Adsense申請の前準備から通過まで

現在は有料ブログ(独自ドメイン)でなければ申請自体ができません。

必ず準備編のサイトの立ち上げまでと、必要なプラグインを設定して審査に出すようにいましょう!

審査に出すときの注意点をまとめた記事はこちらです。

今回ははGoogle Adsenseにサイトを申請していく手順を解説していきますね。動画もあるので参考にしてください。

Adsenseに新規で申請する

申し込み

アドセンス広告を貼り付けるサイトのURLを新規で申請します

2.Googleから連絡が入る

登録

申請後すぐにGoogleから「サイトに申し込みいただき誠にありがとうございます」という内容の連絡が登録のメールアドレスに入ります。

以下の3つの手順内容がメールにも記載されています。

  1. お支払い先住所の登録
  2. 電話番号を確認(※050から始まるアプリ利用での電話番号は不可)
  3. サイトのHTML内にコードを貼り付ける

※場合によっては電話番号の確認はなし

住所

①お支払い先住所を指定する

②電話番号確認するためコードが送られてくる

コード6桁の数字を入力して送信をクリックしましょう。

コードコピー

③サイトのHTML内にコードを貼り付けるという作業

記載してある通り、コードコピーしたらWordpressの

ダッシュボード>外観>テーマ編集>header.phpの中にある<head>~<head>のどこかに貼り付ける 

推奨されているのは<head>の直後ですが<head>の直前でも大丈夫です。

これまでの3つのステップが正常に終われば「お客様のサイトを審査しています」と登録したアドセンスのログイン後に表示されます。

この部分は動画でも解説していますのでご参考にどうぞ。

申請後は審査通過の連絡を待つだけ

審査通過ではもう待つだけ!!

「サイトの審査には最大3日かかります」と表示もされますが、多くの方が2〜3週間ほどかかっているようなので、気長に待ちましょう〜。

※追記:2018年7月以降では「それ以上かかります」という文章も表示されています。

審査中も1日1記事更新は必ず行ってください。

通過後は広告を貼り付けよう

登録しているメールアドレスに連絡が入ります。

こんな感じで「アカウントの承認手続きが完了しました」と連絡あって、審査通過がわかります。

おめでとう

これまでがアドセンス審査〜通過までの流れになります。

ここまできたらアドセンスのアカウントにログインをして、広告ユニットを作成して、広告を記事内に配置できます^^

また次回解説して参りますね!

最後に

アドセンス審査に通過するまでの流れを解説させて頂きました!

今回のアドセンスの審査から通過の大きな流れはなんとなく把握して頂けましたか?

次回はさらに詳しくアドセンスとはなんぞや?という話も交えながら、アドセンスの審査用に新規申請を行なっていきますよ。

特に初心者に難しいと感じるのは、Wordpressのテーマ編集画面での行う<head>~<head>に審査用のアドセンスコードを貼り付けるところではないでしょうか?
というか、私もすごーーく手間取った場所です(笑)

暗号みたいな文字に慣れていないだけなんですが、最初はとても困惑します。

慣れないところですが、落ち着いて1つ1つ終わらせていきましょう。

本日もお疲れ様でした。最後までご覧いただきまして、ありがとうございます。

>>【Google AdSense2 】収益化に向けて新規申し込み方法を詳しく解説します!

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA