石垣島に日帰り入浴できるホテルはここ!温泉施設が一つもない理由を調査

Kanako
こんにちは!Kanako(@KanakoOnishiです♪

温泉好きに石垣島で嬉しい情報をゲット!!

石垣島には年々観光化されてきているので、観光スポットである「川平湾」や「玉取岬展望台」は駐車場を増設するための工事も行われています。

何と言っても2018年にトリップアドバイザーで世界一位獲得しているんですよね^^

また、石垣島は綺麗な珊瑚礁がまだまだ見れるので、シュノーケリングなどのアクティビティのツアー会社は数え切れないほどあるんです。

海や景色を楽しんだ後はホテルに帰って疲れをとりたーい!ってなりますよね。

しかし残念ながら、石垣島には疲れ取るためのあ温泉施設がないのデーーース

実際に住んでみて、なぜ石垣島に温泉施設が誕生しないのか調べてみました!!

観光の後には温泉入りたーーいというみなさんに唯一入れる石垣島でたった一つのだけの入浴施設を紹介します^^

石垣島に温泉施設がない理由を調査!

石垣島には民宿やビジネスホテルでさえも、ちゃんとした浴槽というのはほとんど置いてありません。
見たことないですが、新築のアパートですら浴槽がないそうです。

私も実際に民宿やゲストハウスに滞在してきましたが、確かに浴槽みたことありません。
誰もが思いつくことかもしれませんが、私の中でパッと出てくるお風呂(浴槽)がそもそもない理由は沖縄暑いから、シャワーで十分なんだろうなってこと。

すごく気になったので、昔から住んでいる石垣島の方に聞いてみるとことにして見ました。
するとわかってきたことは、この4つ。

◆石垣島、沖縄県の気候は湿気が多く暑い時は水浴びをするのは当たり前の習慣だったこと

◆真夏は特に天気が良すぎて、夏は水不足にもなりやすいため、浴槽にお水を貯めるということはできなかった

◆中国からの文化の影響が強く、お風呂に入る文化がもともとなかった

◆何度か過去に銭湯はできたものの、お客さんが集まらなくてすぐに閉店してしまっていた

このような理由で銭湯すらない状況だったんです。

温泉施設が生まれないのは、やはり湯船に浸かる習慣が根付いていないというのが一番大きな理由になるのではないかと、勝手に結論付けました!!

石垣島にあるたった一つの日帰り入浴施設!

石垣島の夏は温泉に入りたいなんて、これっぽっちも思わないんですが11月など気温が25度前後になっていくると
シュノーケリングをした後は体が少し冷えるのでお風呂に入りたくなるんですよね〜。

石垣島には数多くのリゾートホテルが建っていますが、調べてみると〜
その中に一件だけ日帰り対応に入浴施設がありました!!

基本的にリゾートホテルには人工のお風呂がありますが、残念ながら宿泊者だけしか入ることはできません。
なので唯一ある日帰りの入浴施設は観光客としてはとってもありがたいんですよね^^

石垣島の日帰り入浴可能なリゾートホテルは『石垣島 アートホテル』
温泉ではありませんが、石垣島の地下水から組み上げられたお水にさらに磨きをかけて、超がつく軟水のお水のお風呂です。

温泉に近い保湿力の効果もあるお湯なのです!!

女性には嬉しいシャンプーバーがあって、多数の市販シャンプーが用意されているので、ちょっとした選ぶ楽しみもありますよ♪

そのほか、男性の大浴場には高温サウナ!女性にはミストサウナも!

赤ちゃんや幼児のためにベビーソープやシャンプーハットまで揃っているという細かい気遣いまであるんです。

アートホテルのアクセスや営業時間

アートホテル

【住所】

〒907−0022

沖縄県石垣市大川559

【電話番号】

980−83−3311

【営業時間】

16時30分〜23時

※アートホテルには宿泊客の方の利用もあるので営業時間は短いですね

【料金】

  • 大人(中学生以上)1600円
  • 子ども(小学生) 800円
  • 幼児(小学生未満) 無料

サウナは夕方のみ利用可能だそうですよ♪

お風呂に入れるのは嬉しいですが、さらにボディケアやアロマボディケアが受けられるスパの施設も併設されているので旅疲れをしっかりケアもできるのでおすすめです^^

最後に

唯一ある石垣島の入浴施設は「アートホテル石垣島」でした!

離島ターミナルなどの市街地からは自転車を借りれば、10分くらいの距離になりますので、便利な場所にあると思います!

石垣島にもし観光に来られる際は、是非是非立ち寄ってみてくださいね♪

それでは次回もお楽しみ〜^^

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。