旅する起業家2

【2021年8月】GoogleAdSenseの審査に通らない人へ!合格のコツをすべてまとめてみた

AdSense

Google AdSense側が年々読者ファーストな考え方へとアップデートし続けているため、「日記ブログ」のような自己満足するような記事は通過しづらなっています。

ましてや画像もない、内容がうすっぺらいとGoogleAdSense側としては「こんなサイトには広告は貼り付けられないな」と判断されても仕方がありません。

以前にも増して「AdSenseになかなか通過できないんです」との声が増えているため、現時点で私のコンサル生を含め通過しているサイト傾向や共通点の中から、合格のコツをまとめました。

自分のサイトと比較して、「足りていないもの」を取り入れて、AdSense審査通過に向けて頑張りましょう。

GoogleAdSenseが好むサイトとは?

GoogleAdSenseとは、Googleが提供している広告配信サービスのことを指します。

GoogleAdSenseから配信される広告は、Googleが提携している広告主のものですので、Google側としては、適当につくられたサイトに広告を出稿したくありません。

これらを踏まえるとサイト運営が「クリーン」であることはもちろん、「読者がたくさん集まるサイト」の2点がGoogleAdSense側が求めているポイントになると考えています。

そうすることで、より効率的に大手が出稿している広告がたくさんの方に広告を見てもらえるので、結果的に読者の広告クリック率を高め、商品の購入につながっていきます。

そうするとあなたが運営サイト自体もどんどん評価は高くなっていくイメージですね。

GoogleAdSenseは上の図のように大手企業の広告と読者の仲介役になっているということです。

GoogleAdSenseに取り組むときの心構え

PC

GoogleAdSenseに取り組む前に知っておいていただきたいことが一つあります。

それは「正解がない!」ということです。

近年Google AdSenseはクオリティの高いサイトを評価しているのはもちろんです。

ですが中にはまだまだ「これで通過したの?」ってサイトもうじゃうじゃあります。逆にとても役に立つ有益な情報をまとめているサイトでも「落ちている」という事実があります。

そのため、、たった一回落ちたくらいで落ち込む必要ってないんですね。

いろんな通過&通過していないサイトを見てきましたが、中には20回以上やっても落ちている人もいるじゃないですか。

なので、GoogleAdSenseが通過させるサイトの傾向は常に変化し続けているということは覚えておきましょう。

Google AdSenseの規約とルールは把握できていますか?

GoogleAdSenseの規約とルールを把握しないまま「NGワード」を使ったり、好まれないさサイトテーマを選んでしまうケースは受かりづらいです。

必ず以下のAdSenseの規約は目を通しておきましょう!

Google AdSense通過に向けて合格のコツをすべて紹介します

GoogleAdSenseが求めているポイントは、

  1. クリーンなサイト
  2. 読者が集まるサイト

です。

ただこれだけだと「どんなサイトや記事を書いていけばいいのかわからない〜!」ですよね。

ここからより具体的に合格するためのコツを紹介していきます。

私のコンサル生さんが現時点で一発もしくは3回以内で受かっているサイトの共通点をまとめたものになるので、ぜひできる限りモデリングをして生かしてみてください。

テーマはなんでもOK

いきなりですが、「テーマは特化がいいのかな?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

近年のGoogle AdSenseの審査傾向としては、

「読者が集まるサイト」であれば、合格の確率が高いです

そのため特化じゃなくても全然だいじょうぶ。

私はブログを最短で収益化したい方のために雑記系のブログ運営をおすすめしていますが、最初から「ごちゃまぜブログ」も審査に出してもらっています。

数日で通過しているケースがすでに5回あります。

もちろん体験記事の方が書きやすい方はそちらでもOKです。

【初心者マラソンブログ】【地元限定の食べログ】や私なら【国内外の旅ブログ】でも、なんども通過してきました。

ぜひあんまりテーマに縛られすぎないようにしましょう。

「書くことがない」って方は、雑記系のブログに舵を切るのは十分にありです!

雑記系のブログで通過を目指したい方は以下の記事を参考にしてください。

トレンドブログの書き方編

アクセスを集める①Twitter

https://twitter.com/KanakoOnishi/status/1423496268874018816

先程沢山の人に読まれることがGoogleAdSenseに好まれるポイントだとお伝えしましたね。

そのため初期ブログがどのようにすれ「読まれるようになるのか」というと、検索エンジン上だけではなく「ツイッター」も有効です。

TwitterはSNSで使っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

持っていない方は1分で開設できるので新規でアカウントを構築しましょう!

記事を書いたら記事の「URL」をTwitterで流すだけでOKです。

アクセスの目安としては「100〜500pv」あるのが理想ですね。

旅系の記事のサイトだったら、
「石垣島で絶景だったポイントを記事にまとめてみた
 これから沖縄行くよって方は参考にしてみてくださいね!
記事のURL:———————————————」

といった短い文章でツイートすればOKです。

できれば見てくれた人に「いいね」をしてもらったり、記事を読んでもらえるように、いろんな方のツイートを「いいね」しにいきましょう。

アクセスを集める②オーガニック検索

※yahooサジェスト

アクセスを集めるのはTwitter以外にも「オーガニック検索」も有効です。

サイト立ち上げ時は記事数もないため「アクセスは集めづらい」状態ではありますが、それでもライバルがいないニッチなところを攻めれば200〜300pvくらいのアクセスであれば、初期でもふつうに集まります。

弱小サイトでもアクセスを伸ばすことは可能なのです。

そのためには、きちんとyahooのサジェストや複合キーワード、、関連キーワードツールの活用が有効的です。

ずばり、「キーワード選定」をしましょう!

以下の記事ではアクセスを集めるためのキーワード選定の基本について解説しました。自分が読者の気持ちになることで「こんなワードで検索かけるかな?」と相手の頭の中を想像しながら、拾ってください。

トレンドアフィリエイトの基本! 虫眼鏡とサジェストを使った キーワード選定方法について

記事タイトルでお役立ち情報感を出す

記事タイトルの付け方はAdSenseの合否を分けるくらい重要なポイントだと思っています。

なぜならタイトルで「この記事は役に立ちそう」とか「面白そうだな」とか読者が価値を感じるか感じないかの分かれ道だからです。

また、タイトルで読者が「有益な情報を受け取れるぞ!」「お得感が満載だな」と感じてもらえれば貴方の記事はクリックされるはずです。

そうするとアクセスにつながるのでGoogleさんからの評価も高まりますよね。

ブログ起業家のKanako

日記のようなタイトルは付けたり、日本語として成り立っていないタイトルは付けていませんか?

例)今日は博多のおしゃれなカフェに行ってきました!→NG

例)博多育ちの私が福岡のおしゃれカフェ10選をまとめてみた!→OK

記事の見出し構成もわかりやすく

記事の質を高める観点でいえば「見出し」も当然対象です。

見出しが適当だと読みやすさは全く変わってきます。読み進めやすさなどは読者さんの満足度を上げるためです。

「正しい見出しの作り方」ができていない人は意外と多いです。

ぜひここも徹底していきましょう!

記事内容は独自性を出す(主観が大切!)

雑記ブログ、特化ブログにしろ注意しなければいけないことは「独自性」です。

というのもGoogleさんは同じようなサイトを好まない傾向があるからです。

これは読者の立場に立つと分かりますが、似たような類似コンテンツが検索結果にズラーっと出てきたら、「読みたい」と思えないですし、「どれが自分にとって最適なのかな?」と迷わせてしまう可能性があります。

そのため、記事タイトルや構成、本文もすべて自分の言葉だったり、差別化をはかる工夫をしましょう。

オリジナルコンテンツを評価しているので、本文内では「私が」といった主語を活用して、思ったことや意見、感想などを盛り込むようにしてください。

主観の強いサイトも好まれる傾向があります。

SEOを意識して記事を書く

アクセスを集めるサイトはGoogleさんが評価するポイントとして高いです。

そのためアクセスを集めることを考えた時に「SEOの知識」が欠かせません。

SEOの正しい知識を身に付けなければアクセスの集まる記事を量産できないからです。

ぜひ本文を書き始める前に前提知識としてSEOを生かした記事構成を考えてみてください。

トレンドアフィリエイト

コピペ&リライトは絶対禁止

他のサイトからのコピペやリライトへの監視が年々強まっています。

検索エンジンはその記事がコピペのサイトであるとかは、一瞬で見破ってしまいます。

言わずともなのですが、コピペや引用、リライトで記事を作成するのではなく、自分の言葉で書くようにしていきましょう。

最初は慣れないと思います。

文字を普段からタイピングしているならまだしも、PCを触ることがあまりない方はは日記の感覚でも大丈夫です。できるだけ自分の思いを書いていけるように少しずつ慣れていきましょう。

※参照サイト:コピペツール

記事数は最低5記事以上

記事数は最低でも5記事は目指しましょう!

記事数が多すぎて落ちた場合に「何が良くて悪かったのか」の改善点が明確になりづらいです。

  • 最初の審査の場合は5記事
  • 2回目以降の場合は10記事

というように少しずつ記事数は増やして様子をみるようにしてください。

私の生徒さんもほぼ5記事前後で受かっているのと、5記事だとGoogleさんの方も審査をしやすい可能性があります。

一発合格を目指す方は、今の自分にとって最大限の質を求めて書いてみましょう。

文字数は最低1,500文字以上

「〇〇文字あれば受かる」というわけではありませんが、目指して頂く文字数としては「1,500文字以上」です。

このくらいのボリュームがあることで読者さんに有益なコンテンツを与えている印象を与えることはできます。

ただ文字数よりも一番大切なのはその記事を読む読者が「満足すること」ですよね。

「これ読んで良かった」と思ってもらえる記事づくりを意識していけば、文字数にとらわれることがないはずです。

まずは、「誰に」「どんな価値を届けたいのか」を明確にしてみてくださいね。

迷った場合は最低の文字数を守ることを意識してみてください。

自分の経験や意見を並べるだけでも、一つの見出しにつき300〜500文字くらいは余裕で超えます。まずは書いてみましょう!

更新は最低でも3日に1回の投稿

更新頻度

通過した方の中には「更新頻度は見られてない」と言う方もいらっしゃいますが、GoogleAdSenseの観点からすれば、「更新しているサイト=これからもっとアクセス集めようとしている」といった解釈もできますよね。

そのため、更新ペースはぜひ保ちましょう。

最低でも3日に1回の投稿を心がけるといいですね!

もちろん早く通過したい方は「毎日」がベストです!

Google AdSenseに通過した後は毎日更新は必須ですので、今記事を書く習慣化させることができれば、非常に収益化もスムーズです。ぜひ、本番に向けて「時間をつくる」とか「タイピングを早くする」など一つ目標を決めて淡々と書いていきましょう。

カテゴリーは2つ以上

今まで通過させてきた生徒さんのサイトは、ほぼカテゴリーは2つ以上で設定していただいています。

明確に「カテゴリーは●つないとだめ」というのはありませんが、サイト運営としての見せ方を考えれば、カテゴリーが1つは違和感があるので、最低でも2つ以上にしてください。

旅ブログだとしたら

  • 国内旅行
  • 海外旅行

ですね。

カテゴリー名を見て一瞬で「こんな記事コンテンツがあるんだろうな」と読者側から見ても想像がつくものが理想ですね。

グローバル&フッターメニューの設置

※グローバルメニュー
フッター
※フッターメニュー

グローバルメニューはサイトトップページの一番上で、

フッターメニューはサイトの一番下に出てくるメニューバーのことですね。

読者がサイトのTOPページに飛んだ瞬間に、例えば

このサイトは旅好きさんにお役立ち情報を発信しているサイトなんだな!

と分かる設計になっているか?だったり、

自分が知りたい記事にすぐに飛べそう!

とユーザビリティの高いサイト設計にすることが大切です。

グローバルメニューには、

・トップページ
・運営者情報
・サイトマップ
・お問い合わせフォーム

フッターメニューには、

・プライバシーポリシー
・特商法取引法

これらは設置しておいてください。


この中の「運営者情報」と「プライバシーポリシーの設置」はAdSense規約にも必須だと書かれていますので必ず設置してください!

参考記事:問い合わせフォームの作成方法
・参考記事:特定商取引法とプライバシーポリシーをサイトに設置方法

サイドバーの設置

当サイトのカテゴリー

サイドバーはグローバルメニューと同様で読者が一瞬で分かる構造にすることが理想です。

読者さんが「自分の知りたいことをすぐに知れる」ことが大前提ですので、迷わないようにわかりやすい構造を心がけましょう。

デフォルトのままだと読者にとって不要なものが多いです。

そのため以下の内容に変更し、設置してください。

上から順番に、

・サイト内検索窓
・運営者情報
・人気記事(5記事表示)
 ※アイキャッチ付きがおすすめ
・最近の投稿(5記事表示)
・カテゴリー(最低2つ以上)

運営者情報

運営者情報を載せる場合は運営するサイトの詳細とあなたの名前(ペンネームなど)を記載しておくといいですね。

文字数も100〜300程度でOKです。簡潔にまとめましょう。

例えば、旅ブログのサイトだったら私はこんな感じで書きます。

プロフィールの具体例)

サイト運営者の〇〇です。学生時代から旅が大好き!

これまで30カ国旅をしてきたバックパッカーです。
このサイトでは私がこれまで旅してきて「良かった」と思う観光スポットをメインに紹介していきます。これから海外へ旅する方に有益な情報を発信しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

こんなイメージですね!
運営者情報は、グローバルメニューにも設置しておきましょう。

画像は自分で撮影もしくはフリー素材

2020年に旅していたタイのパタヤの高層ビルから撮った景色です♪

Google AdSense規約にも書かれているように、画像についてはグレーです。「このような画像は使ってOK」とどこにも書かれていません。

ですが著作権の問題もあるため、自分で撮影した画像やフリー素材のサイトからダウンロードをして記事内に挿入してください。

一番やっちゃいけないのは撮影者がいて「転載禁止」と書かれているにも関わらず、画像を引用した場合です。これだけは気をつけてね。

画像は読者が記事内容を読み進めやすくする効果があります。

つまりGoogleからも独自コンテンツとして評価されやすいということです。

できる限り自分の撮った写真、友人などの協力者を得て、画像を活用していきましょう。

画像が多すぎても「読みづらい」ので、適切な場所に挿入して、読者を楽しませることを心がけたいですね。

参考サイト:フリーの画像サイトがまとめられたサイトを紹介

画像は代替えテキストを設定

画像をアプロードする時に代替えテキストの設定をしておく「SEO効果」も期待できます

Googleは画像を「テキスト」でしか認知ができません。

読者にとって適切な画像であることを正確に知らせるためにも画像の代替えテキスト設定は必須と考えています。

読者が画像検索した場合もたどり着きやすくなりますので、面倒ではありますが毎回設定していきましょう。

文字装飾でわかりやすくする

本文のライティングもGoogle AdSenseはよく見ています。

タイトル>見出し>本文

このような優先順位の付け方で重要視をしています。

タイトルも見出しも「魅力的」なのに本文の内容が適当に見えてはもったいないです。

質の高い記事であることをアピールするため、かつ読者さんが「読みやすい」と思ってもらえる工夫はしていかなければいけません。

以下の動画(10分ほど)WordPressの投稿編集画面を実際にお見せしながら、装飾やリスト化のやり方をお伝えしています。

WordPressの使い方

サイトマップの送信

意外と忘れがちな「サイトマップの送信」。

初心者の方は「インデックス送信」と勘違いしやすいですが、「サイトマップの送信」はサイト全体の地図という意味で、一回だけしかする必要はありません。

インデックス送信は記事単位で行うものなので、新記事が出来たら毎回「インデックスの登録」を行って、クローラーに「記事更新したよ」のお知らせする機能になります。

サイトマップを送信しておくことで、検索エンジンが新しい貴方の記事にいち早くチェックして評価してくれるようになります。

「サイトマップとはなんぞや?」という方は以下の記事を参考にして送信しておきましょう。

参考記事:サイトマップを生成する
参考記事:サイトマップを送信する

インデックスの送信→登録へ

先程お伝えしたように「インデックスの送信」は記事を書いた後に必ず行いましょう。

初期のブログは記事数がまったくないので、クローラーの巡回頻度が低いです。

Googleさんに記事を見てもらうことで、Google AdSenseの評価につながっていきますので、投稿後は毎回行ってください。

クローラーやインデックスって何?って方は以下の参考記事をご覧ください。

・参考記事:インデックスの仕組み
・参考記事:インデックスを送信する方法(動画)
(3:22〜から新バージョンのインデックス送信方法を解説しています)

たまに固定ページやカテゴリーなどインデックス不要なところも「インデックス」にチェックが入っているケースがあります。インデックスが必要なのは「投稿ページのみ」です。

消した記事もインデックス削除

記事を投稿した後に「この記事は質が悪いから一旦下書き(もしくは削除)にしよう!」という場合があると思います。

その場合記事は一旦公開していたわけですので、いきなり下書きになってしまうと「404エラー」を起こす可能性が高いですよね。

404エラーは「この記事はありません」という意味になるため、Googleさんに「記事がないじゃん」と伝わってしまって、サイトの評価を落とす原因の一つになります。

記事が公開されていないものは、必ず「インデックス上から消す設定」を行ってください。

参照サイト:こちらからリクエストをして消すことができます。消したい記事URLを入力して「リクエスト」を押しましょう。

公開している記事を確認

検索窓

インデックスした記事が公開されているか確認していますか?

確認方法は簡単!検索窓に「site:」 を入力したら、その後に記事のURLを入力して「検索」をかけてみよう。

記事が検索結果にあれば問題ありません。

合格しているサイトの分析をする

なかなか通過できない方は「AdSenseに通過している方の記事」を実際に見てみましょう。

私がよくやっているのはTwitterで「合格しました」とツイートしている方のプロフィールをたどって、実際通過しているサイトを拝見することです。

Twitterを開いて「AdSense 合格」や「AdSense 通過」などで検索をかけてみてください。

公式Twitterのリンクへ飛ぶ

実際に通過しているサイトを見て学ぶことができます。

自分のサイトと最近通過しているサイトの「傾向」を掴むのが最初のステップです!

私のコンサル生さんが17時間でAdSenseに通過したので対談動画を撮りました。こちらも参考にしてみてくださいね。

AdSense審査

審査に向けて準備が整ったら…

さて本日紹介してきた合格ポイントはすべて設定完了ですか?

準備ができたらAdSense審査通過に向けて、再申請を行っていきましょう。

申請した後も「最低3日1回の更新」を守ってみてください。

そして受かるまでトライアンドエラーを続けることが大事です!

収益化のスタートラインに立たなければ、AdSenseから収益を得ることはできません。

また「一人では無理だ…」と感じた方は、コンサルを受けるのも一つの手段です。

私が運営している「世界中をシゴト場にするための無料のメルマガ講座」に登録いただけると、より具体的に「どういったワードで書いたらアクセスがくるのか」など、踏み込んだ内容を学ぶことができるはずです。

読者さん限定で私が過去に「アクセスを大爆発させてきたキーワード」を特典として受け取っていただけます。有料級のコンテンツのため、いつ特典を削除するかはわかりません。早めに!

旅×ブログ起業家のKanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。

シゴト道具はPC一つだけです。

しかし、

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめた」からです。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。

メルマガバナー新

 

私が”ブログ”で月収100万円を得ている方法とは?
詳しくはこちら
私が”ブログ”で月収100万円を得ている方法とは!
詳しくはこちらから