【Google AdSense】広告のクリック率が1%以上上がる位置と種類を徹底解説!

登録

こんにちは!Kanakoです^^

Google Adsenseから審査通過のメールが届いたら、いよいよアドセンス広告の貼り付けができるようになります!

今回はGoogle AdSenseの広告の高クリック率を維持できる広告の配置と広告の設置方法をご紹介して参りますね^^

基本的にアドセンス広告のクリック率が1%以上であれば良い方です。さらに収益を上げる方法もありますので、合わせて読み進まれてくださいね。

広告の位置が少しでも違うだけで、アドセンスの収益に大きな影響があります。1%違うだけで、収益は2倍の差が生まれますよ。

ぜひ、今回の記事を参考に高いクリック率を維持して、収益もしっかりと上げていきましょう!!

アドセンス広告クリック率は収益に繋がる

アドセンスの広告クリック率の収益が発生する仕組みは、

PV数(アクセス数)×CTR(クリック率)=広告単価(20〜30円)=報酬額

このような計算式で毎月の報酬額(収益)が変わってきます。

CTR(クリック率)は報酬額に大変大きな効果をもたらします。

もっとわかりやすく説明させていただきますと、例えば広告の単価が25円だったとします。

1000PV(アクセス数)×CTR1%(クリック率)×25円(広告の単価)=2500円(報酬額)

1000PV(アクセス数)×CTR2%(クリック率)×25円(広告の単価)=5000円(報酬額)

このようにクリック率はアドセンス収益が2倍の差が出てきます。

私たちはブログサイトにアクセスを集めることに集中するのは、もちろんですがクリック率を上げることは収益にも関わる重要な役目を果たしていることがわかりますよね。

このことがおわかりいただければ、私たちがやることは2つです。

  1. アクセスを集めてPV数をどんどん上げていくこと
  2. アドセンス広告のクリック率を上げること

クリック率1%以上維持できる広告の設定方法

テスト

スマホではこのような正方形の形をしたアドセンス広告になります。

広告ってみんな同じ?
よく聞かれる質問なのでお伝えしておきますね!

グーグルさんは頭がいいので、検索者がどのような情報(閲覧履歴)を見ていたか覚えていて、人によって、閲覧した中で最も数が多いジャンルのものを自動で広告として表示させます。つまり、一人ひとり表示される広告は違うのです!これは覚えておきましょうね^^

例えば私だったらよく旅行のサイトを見ているので、私のスマホやPCでは「楽天トラベル」「Booking.com」の広告バナーが頻繁に表示されます。なので、私もついつい広告をクリックをしてしまうというわけです(笑)

今回解説していく広告は4つの種類の中の「テキスト広告とディスプレイ広告」というものです。
これからこの広告の作成して設置するところまで解説していきますね^^

手順はこちらです。

  1. Google Adsenseにログイン
  2. 広告ユニット>新しい広告ユニットをクリック
  3. テキスト広告、ディスプレイ広告を選択
  4. 広告名の入力、設定はデフォルトのままでコードを取得して保存
  5. コードをコピーをしておく

さっそく解説を始めますね。

まず、Google Adsenseのページにログインして、広告ユニット>新しいユニットをクリック。

広告ユニット

広告4種類出てきますが、この中の「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択してください。

リンクユニット

設定の手順はこちらです。

  1. 広告の名前(好きな名前でOK)
  2. 広告のサイズをレスポンシブにする
  3. 保存してコードを取得

すると取得したアドセンスコードが表示されますので、これらをコピーしておきましょう。

コード
注意!このままコードを利用してしまうと問題が発生するのでこれからこの取得したコードをさらに編集していきます。

アドセンス広告のコード編集と付け加え必要なのはなぜ?

  1. 「スポンサーリンク」または「Spnsord Link」の表記が義務付けられています。
  2. またスマホでさらに最適なサイズで見れるようにサイズのコード書き加えが必要です。

それではコードの編集の作業をやっていきましょう^^

編集・コードの付け加えを行う部分は3ヶ所

初期のアドセンスコードは下記のようになっています。

※個別に割り当てられた数字は取得したコードによって違う部分です。ご自身のアドセンスコードの数字がここに表記されていると思います

①この初期コードの直前に以下の記述を付け加えてください。

②このアドセンスコードの中の下記の部分を下記のコードに編集してください

【編集後】

③スポンサードリンクの表記が必要です。最後に下記のコードをコード直前に付け加えましょう。

④最終的チェックしましょう!出来上がったコードは下記のようになります!(この通りに編集すれば正常に広告が表示されます)

【注意】スペースがあいていたり、記号や1文字が抜けていると正しく表示されませんので、ここは落ち着いてゆっくり丁寧に編集・付け加えを行ってみてくださいね^^

アドセンスコードの編集と付け加えが終わりましたら、アドセンス広告の広告クリック率1%以上を維持するための広告位置を解説いたします。これで編集完了したコードをプラグインを使って、ブログ記事内の好きな場所に広告を設置することができるようになります。

参考記事:【プラグイン】AdSense Managerから代替え用WP QUADSへ移行しよう!設定方法や使い方を解説

実は….アドセンス広告は現時点(2018年)では広告の数に規定はありません。実は以前(2016年あたり)までは1,000文字以上で広告3つ以内というのが鉄則でした。

まぁ、だからと言ってコンテンツのボリュームは多いことに越したことはありませんので、これまで通り1,000~1,500文字には広告は3つまでがAdSense規約的にも無難だと考えています!

1%以上の広告クリック率を維持する広告配置

広告位置

3つの広告を貼り付けるときの最適な場所は、

記事上  【プラグイン】WP QUADS を使って設置

記事中  【プラグイン】WP QUADS を使って設置

記事下   『WordPressのダッシュボード>テーマ編集>個別投稿(single php)』直接コードを設置

参考記事:CTRが2%切らない?高い収益効果をもたらす関連コンテンツユニットの設置方法を解説します

この広告の配置は王道です。

広告配置の最終確認

最後に広告配置が完了したら、広告が正しく表示されているか確認をしておきましょう。

確認するポイントは3つ!!

  1. “スポンサーリンク”(またはSponsored Link)の表記があるか
  2. 広告の位置がや“スポンサーリンク”がセンタリングされているか
  3. 広告と“スポンサードリンク”表記に間隔はないか

最後にスマホでも念のため確認しておきましょう!!これで広告配置の解説は以上になります^^

本日もお疲れ様でした!!

まとめ

クリック率はアクセスとともに収益に大きく影響があり、非常に重要です。そのため広告の配置には特に気を使わなければなりません!違和感なく記事内に貼り付けること、このことを意識しておくことだけでもクリック率は上昇します。

広告のサイズや位置は、文章と広告の間に一行のスペースがあいているだけでもクリック率に影響が出てきますので、やや細かい部分ではありますがせっかく立ち上げたサイトに収益を生むためにはとても大切な設定です。

今回の記事を参考に、アドセンス広告を設置して収益をしっかり伸ばしていきましょう!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました^^それでは次回もお楽しみに!!

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。