私がプラス言葉を多用する理由。捉え方を変えると人生は動き出す

Kanako
こんにちは!Kanako(@KanakoOnishiです^^

私がプラス言葉を意識するようになったのは友達のネガティブな発言が気になり始めた時、自分も同じようにマイナス言葉を使っていることに気が付きました。

科学的な根拠はないけれど、”人の言葉の力は大きいと思っています。

そこで、今回は私が普段から意識している”プラス言葉”についてお話をしていこうと思っています!言葉の力に気づいたら、あなたはちょっとだけプラス言葉で理想の世界に近づけるかもしれません♪そんなこともお伝えできたらと思います。

プラス言葉って何?

ハッピー

プラス言葉というのは一言でいっちゃえば、元気になる言葉ですね^^

こんなコト言われてハッピーな気分になったことがあるのではないでしょうか。

  • ありがとう!
  • 〇〇なんてできるの?すごいね!
  • 〇〇さん、楽しそうだね!
  • 素晴らしいですね〜!
  • 素敵なアイディアだね!

 

言われると嬉しいし、エネルギーが湧いてくる感じもしますよね。しかしその反対に、相手のエネルギーを奪ってしまうマイナス言葉もあります。

  • めんどくさい
  • 〇〇できないんじゃない?
  • すみません
  • 疲れた
  • 辛い

 

こういったマイナス言葉を発することが悪いということではなく、習慣化されてしまうとやはりその言葉を浴びる周りはどうしてもエネルギーを奪われてしまいます。しかも自分の気づかないうちに。

「この人といると疲れるな…」という人が特にそうですね。

私がプラス言葉を多用する理由

私がプラス言葉を多用するのはあるささいなことがきっかけでした。

おそらくですが、小さい頃から本当の自分を出したら人に嫌われるんじゃないかと”素の自分”というのを抑え込んで生きてことが始まりです。

何をしても要領が悪かったので自信を持てるモノは一つもなかったためか、気づけばネガティブ思考全開でマイナス言葉を多用していました(笑)

そのことに気がついたのは友達とのふとした会話の中。友達もびっくりするほど私と同じような言葉をよく使っていることに気づいたのです。

「私なんて〇〇だからさ…」とか、「私は〇〇もできないんだよね」などなど上げればキリがないのですが、とにかく自分をひたすら格下げするような残念な発言ばかり^^;

友達の言葉がいちいち気になって、自宅に帰ってくるとめっちゃ疲れていたんですよね。

そこで心のどこかで思ったわけです、

「こんな自分の状態が人生ずっとつづくのはまずいな」と…。

当時ちょうどワーホリや世界一周をする夢に向かって動き出そうとした時、今のままで自分で本当に良いものかと自分と向き合う機会が増えていました。

私にとって夢を叶えるにふさわしい人はもっとプラスな言葉や思考を持っているのではないかと思ったんです。

その時から、以下二つのことを理由にプラス言葉を意識し使い始めるようになりました。

夢を叶える人はみんなプラス言葉を使っている

夢を叶えている人の言葉にはいつもプラスの言霊を宿しています。

20歳の時から尊敬している高橋歩さんも、大好きなブロガーのタビワライフさんたちもみんな基本的にマイナス言葉をプラス言葉として捉える傾向があります。

例えば、高橋歩さんが出版している「毎日が冒険」にはこんな名言がある。

「不安?恐れ?心配?そんなものあるよ〜、そりゃ。でも、やるけどね」

「どんなに辛いことがあっても、苦しいときも、必ずすべてに意味がある。この苦しみはこの不運はこの痛みは、この理不尽は、この絶望は…

必ず、俺に何かを伝えようとしている」

引用:名言集

これらは本で語られている一部だけど、これらもまた言霊です。

文章にのってくる歩さんの言霊はいつも辛いことをプラスのエネルギーに変えようとする力を感じ私も歩さんのように「人生で嫌なことや辛いことがあってもすべてをプラスに捉えられるようになりたい!」と思い、プラス言葉を多用するようにしました!

以前の私だったら、

辛いことがあった⇒私はこういう運命なんだ。「わたしなんてどうせ…」と負のスパイラルに陥っていましたが、今の私なら、「乗り越えられない試練はない、絶対に乗り越えてやる。」とプラス思考が働きます。

参考記事:高橋歩の名言5選からみる自由を謳歌する人の考え方!やっぱり人生楽しんだもの勝ち!

プラス言葉はいいことしかない

プラス言葉を使う人は好感度が高い傾向にあります。

恋愛でも人間関係でも仕事でも、言葉を変えるだけ周りの反応は変わると思いませんか?

状況によって変わってきますが、例えば何か仕事でミスをした後輩に「あなたはだめね。〇〇もできないの?」というのではなく、「〇〇さん、大丈夫次回につなげてまた頑張ろう!」という前向きな言葉に変えたりするだけでも、後輩にとっては頑張るエネルギーになります。

後輩はあなたの言葉にどれだけ勇気をもらうでしょうか。

恋愛でも彼氏に、

「あなたの一緒にいると楽しい」とプラス言葉を素直に伝えるだけでも互いに良い空気が流れますし、もっと一緒にいたいと思ってくれる可能性は大です。

プラス言葉はこうやって自分にも相手にも良い影響を与えることが多いですよね。

ただ決してみんなにプラス言葉を投げかけて良い顔をする必要はなくて、自分が心から大切にしたいなと思った人へ積極的にプラス言葉を使うことで本当の意味で良い人間関係を築けると思っているんです。

私はプラス言葉を多用するのは、自分の好きな人と深く良い関係を築きたいというのも一つの理由としてありますね。

捉え方が変わると人生は動き出す。

プラス言葉を発する⇒プラス思考になる⇒自己肯定感が上がる⇒自分への可能性を感じる⇒行動を起こせる⇒夢を叶えられる

プラス言葉を使うと、こんな流れで物事の捉え方がプラスに変わり人生は動き出します。

単純に前向きになれるので、自分の可能性を信じ「自分ならできるかも!」と行動も起こしやすくなる。

つまり、なにか夢など目標が決まった時に達成するスピードが格段に上がるっことですね!

例えば、自分でビジネスを始めようとした時も以前の私だったら「自分にはで絶対にできない」と捉えていたと思いますが、その頃の私は自分の可能性を信じマイナスな捉え方ではなく、「やってみたいなら、やって後悔したい。」とよりプラスの捉え方ができるようになっていました。

だから新しいことに勇気を出して挑戦できたんです。人はそうやって行動を起こした瞬間に人生が動き出します。それは、動けば動くほどに。

最後に

何気なく発している言葉って自分では気づけず相手に不快な思いをさせていたりもしますが、普段からプラス言葉を積極的に使うことができるようになれば「人間関係」も変わってきます。

私はプラス言葉を多用することによって、自分の周りにマイナスな発言をする人が極端に減りました。私自身もネガティブな人には近づかないし、類友というように周りには誰かのエネルギーを奪うような言葉を発する人はいません。

でも実際やってきたことって自分も言われて嫌なことは言わないとか、相手を否定しないとかです。たったそれだけのことですが意識するとできるようになるし、居心地の良い関係を築きやすくなりますね

この記事を読んでくださったあなたも少しだけ今からプラス言葉を意識してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。

シゴト道具はPC一つだけです。

しかし、

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめた」からです。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。