コンサルをする上で大事にしてること|私が思うメンターのあるべき姿

Kanako
こんにちは!Kanako(@KanakoOnishiです^^

ブログで確実に成果を出すためにその道のプロからちゃんと学びたい!

そんな時「コンサルって実際どんな感じで受けられるのだろう?」と考える方は意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回『Kanakoからコンサルを受ける場合』に限りますが、私がコンサルする上で大事にしていることや、普段からコンサル生とどのような関わりを重要視していることをお伝えしていこうと思います。

もしコンサルを受けたいのであれば「自分にはどういうメンターがいいのか?」と考えながら、最後までご覧になってみてくださいね♪

メンターという存在の重要性

習い事や部活なら先生、会社なら上司、家族なら親というように、日頃から正しい方へと導いてくれる存在のことを「メンター」といいます。

例えば、スイミングスクールの先生は上手に泳げるように正しい泳ぎのフォームを教えてくれるし、陸上部顧問の先生はマラソン大会で優勝するために早く走れるコツや上達するトレーニング方法など練習する姿を見て的確にアドバイスをしてくれます。

でも「メンター」と呼ばれる導く存在は、ただ正しいやり方を教えるだけではありません

褒めて伸びる人もいれば、厳しいことを言われる方が頑張れるタイプの人もいるので、「先生」や「師匠」と呼ばれる存在というのは、人によっては教え方を変え、相手の長所を伸ばして目標を達成させるために必須です。

また、メンターは正しい方向性を常に指し示してくれるので迷わず突き進むことができ、最短で「目的」や「目標」達成させるために、とても重要な存在ですよね。

『行動』が成果を出すヒケツ。

PC

当たり前すぎるのですが、大前提としてクライントさんに成果を出してもらうために全力でアドバイスをさせていただいています!

私のコンサルでは大きく音声またはチャットのみでコンサルを受けるプランがあるのですが、

例えば相手から送られてくるチャット内容を読んで「文章ではこういっているけど、本来はこんなことに悩んでいるんじゃないかな」と、時に本質的な悩みを先に読み取り、悩みの根源を解消してすぐに前に進めるアドバイスをします。

また音声のコンサル依頼がきたら「どのように伝えると相手が正しく理解をして、行動を起こすのか」を考えてアドバイスするようにしていますね。

行動しないと成果も出なければ、人生も変わりません。

行動ありきで成果を出せるので、まずは『とりあえず、やってみる力』を身につけて頂いています。

これらは私自身が経験してきたから言えることであり、実際周りにもいる成功している人たちも全員フットワークが軽く、まずやってみる姿勢を大事にしています。

【行動】とりあえず、やってみる

【改善】間違っていたら軌道修正

この繰り返しで『失敗するから成功する』のだと思います。

コンサルをする上で大事にしていること

Kanako

ここからは私自身が普段から大事にしていることをお話させていただきますね!Kanakoからコンサルを受けると「どんな風に成長していけるのか?」「どんな起業家になれるのか」といったところが、なんとな〜くイメージいただけるかと思います。

クライアントさんには「とりあえず、やってみる」ことを大事にしていただきながら、理想のライフスタイルを叶えていいただけるようにコンサルをさせていただいています。

長期的に成功し続けていただくこと

アメとムチの使い分けることでクライアントさんのビジネススキルを伸ばし、長期的に成功し続けることができるようコンサルをしています。

例えば記事の添削依頼を受けますが、日本語が変なタイトルになっていたり、記事の内容がタイトルに沿っていないモノだったりすれば、そのことをストレートに言います。

「日本語が変なのでここは修正をしましょう」とか、 「このタイトルの日本語が変じゃないですか?」と、問うこともあります。

もしかしたら一生懸命考えて添削に出されたので、凹んだり傷つくこともあるかもしれませんが、言うべきことを言わないと、あとあと困るのはクライアントさんの方ですよね。

私としては起業家として長期的に成功してほしい想いが根源にありますので、自分の力で正せるようになっていただくために言うべきことは言います。

また、逆に学ぶ姿勢や指摘していたことを改善させていたり、素直にアドバイスを受け入れて実践に活かしていれば思いっきり褒めます♪

「頑張りましたね」「素晴らしいですね」と!

コンサルは指摘するだけではなく、できていたことをしっかり認めてあげて前に進む力に変えてあげることが大事だと思っています。

物事を進める力を身につけていただくこと

当たり前ですが否定されるって嫌ですよね。

否定されると人はどんどん自分の殻に閉じこもり、

「自分は認められていない存在だ」「やっぱり自分には無理なんだ」と

自己肯定感が下がる一方です。

なので、相手を決して否定せずに相手の意見を尊重することを心がけています。

例えばクライアントさんから「ここに関連記事を貼り付けた方がクリック率上がると思うんです」という意見があった場合は、否定をせずに「今までに事例はないけど検証してみる価値はありますね!」というように相手の判断に任せることもあります。

ビジネスは正解、不正解というような世界ではないので、実際に自分でやってみて経験を積むというのはとても良いこと。

そうやって自分を認めてくれるから自己肯定感が上がり、ビジネスにどんどんスピード感が出て成果が出るのも早いです。

結果を出す力を身につけていただくこと

コンサルは聞かれた質問の意図を読み取りますが、場合によってはすぐに答えを教えないようにしています。

なんでもかんでもすぐに教えるということが、本当の意味でクライントさんの力にならないからです。

つまり「自分で考えて結果を出させる力」を身につけていただくことが目的なのです。

例えば「このキーワード選定はどうでしょうか?」という質問がクライントさんからきた時、「どうしてこのキーワードを選んだのか?」と聞くことがあります。

ここで「こんなキーワードの方がいいですよ!」とすぐに答えを教えても良いかもしれませんが、キーワードを選んだ理由に改善点が見つかる可能性もありますし、どういう考え方に変えれば良いキーワードを見つけられるのかをアドバイスできるからです。

私自身が成果を出して実感しているからこそ言えるのですが、『思考力を磨くこと』が成果を出せる最短距離ですね!

なので、「考える力」をつけ自分で選んだキーワードでアクセスが集めることができるように導いていきます。

そうすることで、より本質を捉えた長期的に収益の安定したブログ運営ができるようになります。

本気で学んで本気で人生を楽しんでいただくこと

一般社会にある上司と部下というような上下関係ではなく、対等の立場で意見を言いあえる横のコミュニケーションを大事にしています。

上司にあれもダメ、これもダメ、と言われて部下は「はい、わかりました!」というように強制力が働いた環境ではその人本来の力を発揮することができません。(会社の場合はお金をいただく身なのでそれは仕方ないことですが)

何かスキルを身につける場合は、自分が自己投資をして学ぶわけなので、遠慮していちゃいけないと思います。

メンターとクライントさんが互いに自分の思っていること(本音)、考えていることを伝え、互いの意見を尊重しあうことで良い人間関係を築きクライントさんも学びに集中して成長することができる。

私は、横のコミュニケーションを大事にすることで、クライアントさんが安心して本気で学び、前のめりになってビジネスが加速していけると考えています。

ちなみに『本気で学ぶから本気で人生を楽しめる』はこれは、私のモットー♪

私が思うメンターのあるべき姿

普段からコンサルをする上で大事にしていることを、お伝えしてきましたが基本的に頑張っている人をガンガン引き上げるスタンス』が本来のメンターのあるべき姿だと考えています。

記事更新を毎日添削に出していたり、こまめに音声にくる人には「少しでも有益な情報を与えて成果を出せる一歩を踏んで欲しい」と思って自分の持てる知識や経験から相手にとって常に最適なアドバイスをさせていただきます。

やはり頑張っている人は応援してくなるものですし、コンサルタントは結果を出してくれる方が嬉しいし、互いにWin-Winの関係を築けますからね^^

また、あなた自身が「仮に自分がメンターだったらどんなコンサル生にきてほしいのか」と考えることでも学ぶ姿勢は変わってくるでしょう。そうやって成果を出すために行動を起こすことができると思います。

そもそも自分が幸せになるためにわざわざ投資をしてコンサルを受けるわけなので「使い倒してやるぞ〜!」くらいの気合いがある方がちょうどいいです♪

コンサルをする側としても、毎日コンサルに来ていただきたいし、小さなことでもたくさん質問してほしいのです。それがすべてクライアントさんの成長や成果につながるなら、それはこの上ない喜びに変わります。

これらが、私が思うメンターのあるべき姿です。

最後に

メンターはそれこそ一生のお付き合いにもなりえるくらい重要なので、選ぶ時は「自分にはどういう人が合うだろうか」と考えた方がいいと思います。

今回の記事を通して、「Kanakoのコンサルはどんな感じで受けられるのか?」少しイメージいただけたでしょうか?

実際他のコンサルタントがどうしているかはわからないし、教え方ももちろん違ってくると思いますが、どんなコンサルタントも目的は同じ。相手に結果をだしていただくことです。

と、色々申し上げてきましたが、何よりクライントさんが理想のライフスタイルを叶えていただくことが最終ゴールです。

私としてはクライントさん一人ひとりが着実に「経済的&精神的に自立した起業家」になっていただくために、テクニカルな部分とマインド的な部分の両方の側面を大事にして成長&成果をだしていただくコンサルをさせていただいております。

以上、『コンサルをする上で大事にしていること|私が思うメンターのあるべき姿」についてをお送りしました!

P.S

以前撮ったものですが、動画では「私自身が思う理想のメンターについて」語りました。メルマガで話した内容なのですが、読者さんにかなり好評だったので参考になれば嬉しいです!

 

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。

シゴト道具はPC一つだけです。

しかし、

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめた」からです。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。