旅する起業家2

【個人情報を守ろう】Whois情報の代理公開の設定方法

今回は、XServer(エックスサーバー)での「Whois代理公開設定」について、解説していきます。

なお、Whois情報の代理公開とは、ドメイン登録者の個人情報を含むWhoisを非公開にする機能です。

もしも、登録ドメインにWhois情報の代理公開を設定しない場合は、誰でも氏名や住所を閲覧できるため、個人情報が流出してしまう状態になってしまいます。

Whois情報の役割を踏まえて、画像と合わせて分かりやすく解説していきますね。

Whois情報とは?

Whois情報」は、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報(ドメイン名・ドメイン名の登録年月日・ドメイン名の有効期限・氏名・メールアドレス・郵便番号・住所・電話番号など)を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスのことです。

なお、ドメインに関する国際機関であるICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)の規約により、Whois情報について、代理情報での公開有無を問わず、本人名義の「ドメイン登録者・管理者情報」(Registrant Contact / Admin Contact)を登録する必要があります。

ちなみに、下記のツールにて、ドメイン名を入力することで、Whois情報を確認することができます。

下記は、当サイトのドメイン名を「TECH-UNLIMITED すぐに使える便利なWEBツール」で使用した場合の表示結果です。

そこで、個人情報を公開したくない方のために、Whois情報の代理公開という機能が用意されていて、上記のように、連絡先をドメイン管理会社の情報(今回の場合は、「XSerer(エックスサーバー)」)で書き換えることができます。

Whois情報の代理公開の設定方法

まずは、「XServer>Whois情報の初期値設定」をクリックします。

次に、「Whois代理公開設定」の項目で「有効 弊社(Xsever Inc.)名義で代理公開する」にチェックを入れます。(おそらくデフォルトは有効だと思います。)

そして、「.jp」以外の一般ドメイン向けにチェックして、「Whois情報設定」が空欄の場合、「設定変更」をクリックします。

上記の画面で、「必須」項目と必要であれば、「任意」項目を入力して、「確認画面へ進む」をクリックします。

【大まかな手順はこちら】

  1. 「Whois代理公開設定」の項目で「有効 弊社(Xsever Inc.)名義で代理公開する」にチェック
  2. 「Whois情報設定」の必須項目を入力
  3. 「有効性確認メールを送信する」をクリック
  4. 自身のメールに届いた「認証用URL」をクリック
  5. 「Whois情報を変更する」をクリック
  6. 「OK」をクリック

まとめ

XServer(エックスサーバー)を使用している場合は、デフォルトでWhois代理公開設定」の項目で「有効 弊社(Xsever Inc.)名義で代理公開する」にチェックが入っていると思います。

しかし、ICANNの規約により、必ず本人名義の「ドメイン登録者・管理者情報」を登録する必要があるので、空欄の場合は、登録するようにしましょう。

エックスサーバー以外のサーバーや独自ドメインを使用している場合は、ご使用のサービスで設定方法が確認できるかと思いますので、設定をしておいた方が良いと思います。

旅×ブログ起業家のKanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。

シゴト道具はPC一つだけです。

しかし、

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめた」からです。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。

メルマガバナー新

 

error: Content is protected !!
私が”ブログ”で月収100万円を得ている方法とは?
詳しくはこちら
私が”ブログ”で月収100万円を得ている方法とは!
詳しくはこちらから