旅する起業家2

【動画あり】Google XML Sitemapsでサイトマップを送信する方法を解説します

今回はGoogle XML Sitemapを使って、「サイトマップ送信する」方法を解説していきます。

検索エンジンにいち早く投稿した記事更新のお知らせをしていくために必要な作業です。

この設定を行うことですぐさま自動的に検索エンジンに自分の記事を反映させる効果があります。

XMLSitemapsの役割を踏まえて、分かりやすく解説していきますね。動画も合わせてご覧ください。

Google XML Sitemapsの設定方法

では、プラグインGoogle XML Sitemapsを導入してサイトマップ送信をする方法を解説していきますね。

Search Consoleの登録はお済みですか?

Google XML Sitemapsの設定を行う前に、GoogleのサービスであるSearch Consoleの登録と設定をする必要があります。

Search ConsoleはGoogleさんが無償で提供しているサービスです。

ブログ運営には必要な設定なるので、以下の記事を参考に行ってみてくださいね。

参考記事Search Consoleの登録方法と使い方を徹底解説!

Google XML Sitemapsのインストールと有効化

それではダッシュボードにある『プラグイン>新規追加』でGoogle XML Sitemapsのインストールと有効化まで行ってください。

参考記事:無料で便利な機能満載!インストール方法と3つの注意点

XMLのサイトマップURLをコピペ

Serach Consoleでサイトマップ送信する際にあなたのサイトマップURLの入力が必要です。

WordPressの管理画面(ダッシュボード)にログインをして、

『ダッシュボード>設定>XML Sitemap』

この手順で一旦あなたのサイトマップのインデックスURL をコピーしておいてください。

コピーする場所
URLは「sitemap.xml」をコピーしてください。

Search Consoleの公式ページへログイン

それでは、サイトマップを送信していきましょう。

手順はこちら。

  1. 『公式Search Consoleのトップページへログイン
  2. サイトマップの追加テストをクリックをして先ほどコピーして頂いた、あなたのサイトマップのインデックスファイルURLと同じようにURLを一致させる
  3. URLが先ほどのURLが一致するように入力できたら送信をクリック
  4. 最後に「成功しました」というステータスに変わっていればOK

 

それでは始めましょう!まずは公式ページへログインします。

『公式ページSearch Consoleのダッシュボード>サイトマップ』をクリック

動画で解説していた画面です↓↓(左のサイドバーに出てきます)

ちなみに、少し時間をおいて『成功しました』と表示されることもあります!

後ほど確認できればサイトマップが正常に送信されているので「サイトマップ送信」は完了です!

本日も設定、お疲れ様でした。

まとめ

WordPress の必須プラグインGoogle XML Sitemapsの設定方法でした!!

Search Consoleなど言葉自体にも馴染みがなく、初心者のうちは「この設定ってなんの意味があるんだ?」と思いがちですが、ブログ運営をしているうちに少しずつこの設定の役割が理解できるようになります。

最初は全然わからなくても大丈夫なので、今回の記事を参考に面倒な設定は早めに終わらしておきましょう。

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。

シゴト道具はPC一つだけです。

しかし、

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめた」からです。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。