お金を使えない人は自分に”許可”を出していない?解消法を紹介

Kanako
こんにちは!Kanako(@KanakoOnishi)です^^

これからメルマガの読者さんから好評だった”お金の話”を記事でもシェアしていこうと思います。

貯金が大好きな日本人の傾向から、小さい頃からの環境でなかなか自分にお金を使えないという方も多いのではないでしょうか?

私も以前はお金を使うことに抵抗を感じ、いつもモヤモヤした気持ちで生活していたのですがある時、自分の大事な想いを否定していたことに気が付きます。

これから話するのは自分の実体験です。もし自分にお金を使えず辛いと感じている方にはなにか”気づき”を得ていただけるのではないかと思います!

ぜひ最後までご覧ください^^

”お金は貯金して誰かのために使うもの”という認識

豚の貯金箱

私がお金のことについて認識を持ったのは当時小学校低学年。

皿洗いしたら100円、掃除を手伝ったら200円をGET!というように何かを頑張った代償に”お金”を頂いていました。

でも、お小遣いをもらってもなかなかお金を使うことはありません。

1つ目の理由としては母から当時、

「お父さんも、かなちゃん(私)みたいに頑張ってお金をいただいるんだよ」

「お父さんが頑張っているおかげで私達の生活はできているんだ」と、私の中で”お金”というのは自分のためではなく誰かのために貯めて使っていくものなんだ、という認識だったからだと思います。

そして、大きくなって気がついたのですが、私のお小遣い貯金は家庭の生活費にキレイに消えていきました(笑)

これもまた一つのお金の使い方でしたし、特に何も思わなかったのですが、”誰かのために使うもの”という習慣を身に付けたことから、自分にお金を使えないことが多くなりました。

自分にお金を使えないと本当に辛い。

セール

私は育った環境や習慣から自分にお金を使うこと自体に抵抗を感じる人間となり、大人になってからそれはそれはもぅ〜大変でした(笑)

「自分にお金を使っていいのだろうか」という思考なので、年末年始のセールとかに張り切って行っても、結局自分のためにお金をなかなか使えません。

「かわいい!」と思って手に取ったワンピースを持っても、目の前のレジに立ちすくみ「やっぱりこれ似合わないかも」「買うのはやめよう」とUターンして売り場をぐるぐる回って元の場所に戻す。

その後はご想像どおり、他の誰かに買われてるパターン…(¯―¯٥)トホホ

仕方がないというか、もう自業自得ですよね…!w

買えなかったことに後からどんどん罪悪感とかが押し寄せてきて、辛かったです。

お金を使えない人は自分に”許可”を出していない?

プレゼント

友達の誕生日にプレゼントを買いに行きますが、この時も値段を気にしてなかなかこころから「あげたい!」と思うモノをなかなか買うことはできず、結果いつもモヤモヤしていました。

この時に思ったのは「自分自身にすら喜ばせることはできていないのに、他人に喜んでもらうことなんてできるのか?」ってこと。

私は少しずつ自分の違和感にどうすべきかを掴みかけていました。

CAMESの講座(心理学)を勉強しようとした時、3ヶ月10万円くらいだったので普通に支払いに戸惑い「やっぱりやめようかな」「高いし…」と、あきらめようかと思いました。

けど、もしこの講座を受けないということは、

「私には学ぶ権利はない。学ぶ意味はないんだ。」と、自分の想いを否定していることになる、ということに気付かされたのです。

ここでいう”権利”というのは、自分が幸せになる、喜ぶ権利があるということ。

それから、私は自分に許可を出すようにしています。

「自分には学ぶ権利がある」「私はもっと素敵な人間になる権利がある!」と、このように自分自身に許可をだすことで、お金が以前より使いやすくなってきました!

【解消法】お金を使う時”許可”を出すこと!

私達日本人は、日本の文化や風潮の影響で貯金を第一とする考え方がまだまだ根付いています。

そのため小さい頃に育った環境も原因ですが、そのまま大人になるとその習慣から”貯金”の方を大事にしてしまうので「もしお金に困りもっと増やしたい!」という状況になっても、その想いと裏腹に苦しくなることもあると思います。

なので、お金を使えないのが悪いことではないのですが、できるだけ自分のほしいモノややりたいことには”許可”を出して使うことから始めてみてください。

本当にほしいモノがった時に「これは私には買う権利がある」「学ぶ権利がある」「自由な人生を歩む権利がある」というように自分自身に許可をすることでより自己肯定感もあがりますし、何よりお金を気持ちよく使えるようになります。

今回の記事が何かあなたの生活の良いきっかけや気付きになれば幸いです。

最後まで読んでいただきましてありがとうございます!

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。