旅する起業家2

世界一周のルート作成はどうやって決める?やり方の手順を解説!

「世界一周したいけど、どうやってルートを決めたら良いんだろう…」

ルートは、世界一周を考えている方が一度は悩むポイントです。

「世界一周」と言っても人によってルートは異なり、周り方もさまざまなため、海外経験が少ない方ほど難しいのではないでしょうか。

本記事では、世界一周ルートの作成方法を解説しました。

世界一周ルートに悩んでいる方は、参考にしてみてください。

この記事を読んでわかること

  • 世界一周ルートの作成方法
  • 世界一周ルートのプラン例
  • 世界一周ルートを決めるときの注意点

世界一周ルートの作成方法

世界一周ルートを作成する際には、いくつかのポイントがあります。

以下のポイントにしたがって、ルートを考えてみましょう。

  1. 行きたい場所をピックアップする
  2. イベントなどの日程をピックアップする
  3. 地域による気候シーズンを考える
  4. 西回りにするか東回りにするか考える

行きたい場所をピックアップする

まずは、自分が行きたい国・地域・都市・観光地・世界遺産をとにかくピックアップしてみましょう。

Instagramやブログ、ガイドブックなどを読んで、自分が「行ってみたい!」と感じたスポットを挙げていきます。

この時点でいろいろな情報をインプットすることで、世界一周の楽しいイメージが湧いてくるのではないでしょうか?

思いついたスポットは、紙に書き出しておくことをおすすめします。

イベントなどの日程をピックアップする

世界一周中には、各国で開かれるイベントに参加できる機会も増えるでしょう。

行きたいイベントがあればメモしておき、そのタイミングで行けるようにスケジュールを組む必要があります。

人気のイベントには、以下のようなものがあります。

世界で人気のイベント
  • オクトーバーフェスト(ドイツ):9月後半〜10月前半
  • クリスマスマーケット(ドイツ):11月後半〜クリスマスまで
  • コムローイ祭り(タイ):11月頃
  • 水かけ祭り「ソンクラーン」(タイ):4月
  • ヴェネツィア・カーニバル(イタリア):2月末〜3月前半
  • 死者の日(メキシコ):11月頃
  • タイムズスクエアのカウントダウンパーティー(アメリカ):12月31日
  • リオデジャネイロ・カーニバル(ブラジル):2月〜3月前半
  • トマト投げ祭り「トマティーナ」(スペイン):8月
  • ホーリー祭り(インド):3月
  • カンヌ国際映画祭(フランス):5月

ただし、世界的に人気のイベントが行われる時期には、宿泊料金が高くなったり、治安が悪くなったりする傾向にあります。

事前に、各イベント開催時の注意点を調べておきましょう。

地域による気候シーズンを考える

日本が夏の時期には南半球が冬のように、タイミングによって世界の気候は大きく異なります。

一般的な旅行シーズンは、日本で言うところの7月〜8月のような気候です。

それに加えて、地域によっては雨季・乾季も存在します。

「せっかく行ったのに毎日雨…」なんてことになると、思いっきり楽しめなくなってしまいますよね。

一方で、旅行シーズンを避けると人混みが少なくなったり、宿泊料金が安く抑えられたりなどのメリットもあります。

自分が特別楽しみにしている地域はベストシーズンに行き、それ以外はオフシーズンにするなど、調整するのがおすすめです。

西回りにするか東回りにするか考える

世界一周のルートは、主に「西回り」か「東回り」の2種類に分かれます。

西回りの場合、アジアからスタートしてヨーロッパ方面へ向かうことになるでしょう。

アジアは日本との時差が少なく、タイやベトナムなど旅行初心者にも人気の地域が多いため、海外経験の少ない方は西回りを選ぶ傾向にあります。

日本人旅行者も多いため、現地で困ったことがあれば助けてもらいやすいのがメリットです。

一方で、東回りはアメリカ方面からスタートし、その後南米へと下っていくルートになります。

日本との時差が大きく、中南米は治安面での不安も大きいため、海外初心者にはハードルが高い傾向です。

イベント日程に問題がなければ、西回りでルートを組むのがおすすめです。

世界一周ルートのプラン例

ここでは、世界一周のルート例を「西回り」「東回り」別にご紹介しました。

なお、今回のルート例ではおおよそ全大陸を回るように組んでありますが、「世界一周は全大陸行かないといけない」という決まりがあるわけではありません。

世界一周は、あくまでも自分の行きたいところを優先的にして、ルートを決めることをおすすめします。

西回りにした場合

西回りの世界一周ルート例をご紹介します。

西回りでの世界一周ルート例

日本→タイ→東南アジア周遊→インド→中東→トルコ→エジプト→ヨーロッパ→アフリカ→アメリカ→メキシコ→中南米→北米大陸→日本

基本的には、このようなルートを選ぶ旅人が多い印象です。

徐々に旅慣れできるので、旅行経験が少ない方におすすめします。

東回りにした場合

東回りの世界一周ルート例をご紹介します。

東回りでの世界一周ルート例

日本→アメリカ→メキシコ→中南米→ヨーロッパ→アフリカ→トルコ→中東→インド→東南アジア→日本

東回りの場合、旅の前半に難易度が高めの中南米に行くことになります。

後半の東南アジアに着く頃には、すでに日本に帰ってきたかのような感覚になるでしょう。

世界一周ルートを決めるときの注意点

世界一周ルートを決める際には、注意点があります。

特に、海外経験の少ない方は、以下の点を考慮した上でルートを作成しましょう。

難易度の低い地域からスタートする

海外経験が少ない場合は、難易度の低い地域からスタートさせることをおすすめします。

旅行の難易度を決める基準には、主に「治安の良い地域」「英語が通じる地域」「ビザなしで行ける国」があるでしょう。

それぞれ、どのような地域が当てはまるのか少しご紹介します。

治安の良い地域
  • 北欧(アイスランド・スウェーデン・フィンランドなど)
  • カナダ
  • ニュージーランド・オーストラリア
  • シンガポール
  • 中欧(チェコ・オーストリア・スイスなど)

英語が通じやすい地域
  • ヨーロッパ
  • 英語圏(アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアなど)
  • シンガポール・フィリピン

反対に、ロシア語圏の旧ソ連エリア、スペイン語圏の南米、中国などは英語が通じにくい傾向にあります。

今回、「ビザなしで行ける国」という基準を設けましたが、「日本のパスポートは世界最強」と言われていて、世界各地ほとんどの国へビザなしで渡航できます。

では反対に、ビザが必要なのはどのような国なのでしょうか?

以下、2021年時点でビザが必要な国をいくつかご紹介します。

ビザが必要な国
  • ロシア
  • キューバ
  • 中東諸国
  • 北朝鮮
  • ブータン

このほか、インドや中国、カンボジアなどは簡単なビザの所得が必要となります。

行きたい国の優先順位を決めておく

行きたい国をピックアップしたら、優先順位を考えておきましょう。

長期間の世界一周旅行といえど、予算や日数には限界があります。

世界一周は予定通り進むことは少なく、途中で「もっと、ここに滞在したい」「やっぱり隣の街にも行きたい」のように予定を変更することもあるでしょう。

出会った旅人や現地の人から聞いた情報で、行き先を変更することだってよくあります。

「絶対行きたい国」や「できれば行きたい国」のように優先順位をつけておけば、自分の行きたい国を逃さずに世界一周できるでしょう。

【まとめ】世界一周ルートを決めて楽しい旅をつくろう!

本記事では、世界一周ルートの作成方法を解説しました。

世界一周ルートを決める際には、考えることがたくさんありますが、ポイントを抑えておけばルート作成に役立ちます。

自分に合ったルートを作成して、最高に楽しめる世界一周を作ってみてください!

旅×ブログ起業家のKanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。

シゴト道具はPC一つだけです。

しかし、

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめた」からです。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。

メルマガバナー新

 

error: Content is protected !!
私が”ブログ”で月収100万円を得ている方法とは?
詳しくはこちら
私が”ブログ”で月収100万円を得ている方法とは!
詳しくはこちらから