newバナーKanako

仕事に行きたくない!朝から吐き気&泣きたい人に伝えたい働き方は変えられる話。

Kanako
こんにちは!Kanako(@KanakoOnishi)です。

私もほんの2年前まで朝から吐き気、頭痛や腹痛、本当に辛くて辛くて、「仕事には行きたくない….(><)」と毎日憂鬱な朝を迎えていました。

それは自分の甘えなのか、我慢すべきことなのか、と悩む時期はありましたが、今の時代我慢しなくても働き方を変えればいくらでも自由に生きられるんですよね。

今回は自身の経験談を通して、朝から「仕事に行きたくない!」「泣いてしまったり、吐き気するほど仕事に行きたくない!」というあなたへ、今の時代「もっと自由に、もっと自分らしく生きられるんだよ!」というお話をさせていただきます。

これからの人生を考えるヒントにしていただけると幸いです!

 

「仕事に行きたくない!」の最大の原因。

「仕事に行きたくない」の原因をランキング形式にしてみると、このような結果が出ています。

第1位 人間関係

第2位 仕事のミス

第3位 同じ作業でつまらない

第4位 残業が長いし疲れる

第5位 頑張ってもなかなか評価されない

引用:仕事辞めたい人転職相談所

 

このように圧倒的に辞める人の原因に多かったのは「人間関係」でした。

実際私自身もバイト時代から悩んできた3つおの大きな原因も割合にすると「50%がこの人間関係」「25%が第2位の仕事のミス」「第3位の同じ作業でつまらない」です。

それほど、職場の人間関係は重い悩みですし、深刻になりがちな問題だと思います。

吐き気と涙する毎朝は本当にツライ

女性

私も会社に行く朝から吐き気がすごくて、涙している時期がありました。大きな原因は「人間関係」です。

ちょうど新しい職場で新しい人間関係の中で仕事をスタートさせていた時で仕事内容に関しては、「超人気飲食店」だったので多忙で、残業も当然多いし体力的に超もハードな毎日。

最初はとにかく仕事内容を覚えるため、言われたことを必死にメモしながらメニューの内容や注文の受け取り方など基本の仕事内容は一通り覚えつつあったのですが、仕事始まって1週間。

そこには新人イジメで有名な先輩バイト生がいました。

一人だけ頭ごなしに「なんでここ、こうやって置くの?」「こんなこともできないわけ?」的な感じで、上から目線で話してくる人。

私にとっては、仕事に行きたくなくなる大きな原因の一つでした。

Kanako

どうやら彼女には自分のルールがあり、仕事の様子を常に伺いながら服装や性格に関してまで口を出してきて、「マウンティング女子」の傾向を持つ人だったのですが、まぁ〜疲れました..!

参考記事:職場のマウンティング女子の回避とかわし方!原因はコンプレックスとストレス?

最初は「わかりました!次から気をつけますね」と返して、うまくやり過ごそうと頑張っていましたが…

しばらくすると、平気でお客さんの前で怒鳴ったり、とにかく新人いじめがエスカレートしていったのです。

そんな毎日が続いたので、気がつけば朝はなかなか起きれなくなりました…。頭痛や謎の腹痛に苛まされるようになり、涙も出るわで出勤しようとドアノブを触った瞬間、胃がひっくり返りそうなくらいの吐き気に襲われるようになったのです。

そんな中、「きつかったら休めばいいじゃん」なんて思いながらも、結局出勤して職場で体調が悪化…という心も身体もボロボロで不健康な毎日を送っていました。

朝から吐き気や泣きたい人に伝えたい!

こうやって私自身も経験したから思うことですが、職場での「人間関係」の悩みってものすごく深刻になりがちです。週の大半を職場で過ごすので体調に影響でないわけないですよね。

当時は精神的な不安から視野も狭くなり100%「人生=仕事」と捉えていました。

一生この人生が続くのか…と絶望を感じたことも何度もあります。しかし、この「吐き気」や「涙」してるというのは、あなたの身体がSOSのサインなんですよね。

なので、そういう時はまずあなた自身が「心も身体は悲鳴を上げているんだと」ということを自覚した方がよいと思います。だって、私は「会社に行きたくない」は甘えでも逃げでもないと思うからです。

もちろん、仕事をしなければ生活はできないですし、仕事を辞めましょうとは言いません。

ただ私からすると、その「職場」その「働き方」に固執する必要はないと思うのです。

Kanako

ちなみに私も過去に職場が辛くて仕方なかった時がありましたが、ある一つの捉え方を持つことで人生が好転していきました。

その話は動画で語らせていただいたので、よかったらご覧になってみてくださいね!

今の時代働き方は十人十色!世界も視野に入れて動き出そう。

私は毎日精神的にも本当に苦しい毎日でしたが、ある日「働き方」を変える決意をしました。

それは他人の都合で振り回されないで自分の好きなように生きることができるビジネスですが、まさに私は今「自分の人生を歩んでいる」と言えます。「ブログ起業」という言葉を聞いたことはありますか?

私はこのビジネスのおかげで自由に生きている自分がいます。当時お金にも余裕がなかったので副業でブログを始めたのですが、コツコツ実践し続けていった結果、約1年で本業の収入の約4倍を得て自由なライフスタイルを送っています。

私のプロフィールをご覧の通り、今は「個人の力」でも起業をして、生計を立てて暮らすことだってできます。

例えば身体を動かすのが好きな人は週3ほど外で働きながらブログで副業で収入を得るようにして、残りは自分の好きな時間(趣味など)をゆっくり取るというスタイルの方もいらっしゃいます。

こういった個人ビジネスの世界では、年齢の制限もなく大学中退して年収1,000万円を超える起業家だったり、たった一つのブログで家族を養うパパやママさんたちがたくさんいらっしゃるんですよ!

そして、彼らは自分の大事だと思う人との時間をすごく大切に過ごしていました。

自分次第で働き方は変えられる話。

もしかするとあなたは、今朝起きて「仕事に行きたくない」「会社に行きたくない」「辛い」「気持ち悪い」全てがモノクロに見えているかもしれません。

私もそうでしたし…

でも、今お話してきたように、今の時代は働き方を自分で選べます。あなた本心に従い、勇気を出して行動を起こし続けることができれば、働き方・収入など私のように場所にもとらわれないシゴトもできるようになるでしょう。

私もブログ起業を知った時そうだったのですが、単に「知らなかっただけ」なのです。

ちなみにPCのスキルのない私でもできましたし、一流企業に就職するためは最低限必要な資格に「TOEIC」や「英検」がありますが、そういった資格すら不要なのです。

ブログの場合はあなたが自由に生きるための働き方の一つと捉えていただければと思います。働き方を変えれば人生は変わります。

もう少し「どんな働き方ができるのか?」「どうやって収入を得られるのか?」と具体的に知りたい方は無料メールマガジンでわかりやすくブログの魅力や可能性についてお伝えしていますのでお気軽にご登録ください。

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。

シゴト道具はPC一つだけです。

しかし、

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめた」からです。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。

newバナーKanako