石垣島マラソン2018年初心者はハーフコースがおすすめ!完走メダルが可愛い!

こんにちは!

FUNFUN TravelerのKanakoです!

毎年大勢の参加者で賑わう人気の石垣島マラソン大会はご存知ですか?

芸能人も参加する方も多いですし、旅行をきっかけにマラソン大会にも申し込む人もいらっしゃるんです。

石垣島は石垣牛や新鮮な魚介類を楽しめる沖縄料理も人気です。しかもフェリーで15分もすれば竹富島などへの離島にも気軽に向かうことができるんです。

マラソンで奇麗な海沿いを走り、汗を流した後のお楽しみに、グルメも観光もできるなんて一石二鳥ですよね♪

私も今回大好きな石垣島のマラソン大会に出場することにしています^^

石垣島マラソン大会2018年!

【受付開始】

毎年だいたい10月から11月中旬の間にエントリー申込をすることが出来ます

【マラソン当日】

2018年1月28日(日曜)

開会式 8時40分~

マラソン開始時間 9時スタート

10キロは9時20分スタート

終了予定時間 15時30分

【参加者の受付】

1月27日(土曜)14時~18時

場所 総合体育館内サブアリーナ

【コースと参加費】

◆10キロ 4000円(一般) 3000円(高校生)

◆ハーフマラソン(24キロ)4000円(一般)3000円(高校生)

◆フルマラソン(42.195キロ)5000円(一般)3000円(高校生)

 

フルマラソン、ハーフマラソン(24キロ)、10キロコースを走るには、制限時間があります。

◆フルマラソン 6時間30分(中間地点3時間15分・35キロ地点5時間50分)

◆ハーフマラソン(24キロ) 3時間30分(17キロ地点 2時間30分)

◆10キロ    1時間30分

初心者はハーフコースがおすすめ!

屋良岳

今回私はハーフコースを申し込みました。

なぜかというと、マラソンなんて走ったこともない超がつく初心者だったからです。

また今回ハーフコースを申し込んだ理由は、冒頭ですこし触れたように、マラソンで気持ちよく走り切ったあとにおいしい石垣島グルメと観光が待っていたからです!!

しかも!!海がきれいな石垣島。白い砂浜で透き通る海がすぐそばに見えるんです。

こんなきれいな景色を見ながら走れるなんて、贅沢だと思いませんか?

そこで、おすすめするのは私のようにまったく走ったことのない人がマラソン大会に参加するならば、

ハーフコース』です。

『ハーフコース』をおすすめる理由

ハーフマラソンは練習期間3カ月と短期間の準備で大会に参加できるからです。

毎日がっつり走りこむ必要はありません。

ネット上で初心者が始めるハーフマラソンの参加ステップ方法やマラソン経験者によるアドバイスをいただいたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ハーフマラソンのおすすめ練習法

※練習量は週三回ほどの練習でも十分。

普段から走る習慣のない人がいきなり、フルマラソンとなればしっかりとトレーニングを積む必要があります。

基本的に3週間ごとにハーフマラソンへむけてのステップを踏んでいくのが理想のようです。

最初は基礎体力をつけていきます。

1.基礎体力

毎日、2日に一回くらいのペースで散歩して距離や時間を増やしていく

ウォーキング30分間くらいから始めるのがおすすめ!

ランニングは10分からでもOK!!

2.距離に慣れていく

ランニングは10分から30分へ伸ばしていく

走れる距離を意識してどんどん長くしていきましょう。

3.ペースをつかむ

走れる距離が伸びてきたら、その走るペースを保つようにしていく。

目安は1キロ5分くらいのペースまでいけるとベスト!

4.10キロを走れるようにする

10キロ走れるようになれば、24キロの距離の感覚もおおよそ間隔もつかめるようになります。

こうやって3か月前から練習をしておくと、心にも余裕が生まれますし、マラソンで走る石垣島ハーフコースは海も見えますが、バンナ公園というバンナ岳(標高230M)を乗り越えないといけません。

また、ここから見える石垣島の景色は美しく、離島の竹富島や小浜島もみえるんです。

そんな景色を楽しめる余裕をもてるよう、初心者には3か月前からハーフマラソンに参加することをおすすめしますよ!!

わたしもすでに練習を始めています。30分くらいのウォーキングから♪

完走メダルも可愛い!

石垣島を完走できたらもらえる完走メダル!!

この完走メダルの歴代を見てきましたが、可愛いんですよ~!

毎年手作りの焼き物でできた完走メダル!一生の思い出になりますよね。

密かに楽しみしています(笑)

この焼き物でできたメダルはフサキメ粘土で作られており、

メダルの制作者は、

障害者の就労継続支援を行っている社会福祉法人いわしの里・大浜工房で毎年制作されています。

『マラソン参加者には一人でも多くの人が完走して、このメダルを受け取ってほしいという想いも込められているです』

『1枚1枚微妙に色合いが違っており、世界でたった一つのメダルです』

心をこめて、毎年制作してくださっているので非常にありがたいですよね

最後に

石垣島マラソン大会にもし私のように初心者でも参加を考えているかたいたら、ぜひ参加してみませんか!

普段私は旅をしていますので、多少の体力はあると思いますが、走るってまた全然違う体力が必要です。

できるだけ大会当日を楽しんで参加できるよう、準備万端で参加したいと思っています^^

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました!!

また次回もお楽しみに♪

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。