幸せの基準が低いことに悲観的なあなたへ!他人と比較しないための方法を伝授。

Kanako
  こんにちは!Kanakoです^^私が今日は言いたいことは一つ。

人それぞれ幸せの基準があると思っていますが、「基準」というのは自分で決めればいいし、低いから悪いとも思いません。

幸せの定義は一人ひとり違うのが当たり前ですし、幸せを感じられていない人は、単に気づいていなかったり、意識してことがなかっただけだと私は思います。

今回は「幸せの基準が低いこと」に悲観的な方に向けて、あなたにとって「幸せとはなにか?」を一緒に考えていきましょう。そして、自分の中にある幸せの基準を作り、他人のことを気にしなくていいくらい幸福度の高い人生を歩みましょう

そもそも「幸せの基準」とは。

幸せの基準

そもそも「幸せの基準」って、なんなのか?考えたことはありますか。

私からすると、「幸せの基準」というのは「心の豊かさ」に比例していると思っています。世間では基準が低いほど、心が豊かである傾向で、逆に基準が高いほど心が乏しい傾向にあります。

では、まずあなたの幸せの基準を確認していきましょう。普段の日常で嬉しかったり、楽しかったりすることってあると思いますが、どんなことでしょうか?

例えば、

  • 誰かに「ありがとう」って言われた瞬間。
  • 犬と散歩している時間。
  • 好きな音楽を聞いている時間。
  • 好きな人の隣にいる時。
  • ご飯を大切な人に作ってあげている時。

 

そうやって当たり前な日常の中で、心が明るい方向に動いた瞬間に「これが私(僕)の幸せだ」と感じ、幸せの基準が作られて、心豊かな幸せな人生を送ることができるようになると思います。

私が幸せと感じた例はあくまで一つの幸せの基準であって、これらは基準が低いから悪い、高いから悪いというわけでもなく、「あなたが日常生活にどれだけ小さな幸せを見つけることができるのか?」がキーポイントになります。

ぜひ、たくさん見つけて紙に書き留めておきましょう。

幸せの基準が低いことに悲観的なあなたへ

人々

よく周りの目を気にする方は「幸せの基準が低いことって悪いことなのか?」と気になられる方もいるのですが、一人一人違う人間ですし、それぞれ個性を持って生まれていますので、基準が違って当たり前です。

参考:【キャメス診断】ピュアカラー12つの個性から分かる3つの性格

生まれた環境も、育ち方も、これまで関わってきた人間関係も変われば、まったく違う価値観も持っていたりするでしょう。海外に行けばそれは当然のように分かります。

「幸せの基準」という点とはまた違うのですが、海外と日本ではまったく異なった価値観を沢山持っています。

参考記事:日本は生きづらい国?世界を旅して気がついた3つのおかしな常識!

それほど環境の力は大きく、まったく違う感性を持って人は成長していきます。だからなのですが、基準が低いことに悲観的になる必要はありません

少しずつでいいので「人は人、自分は自分だ」と思う強さも持てるようになっていきましょう!

ただそれでも周りと比べてしまい、基準が低いことに対して自分を責めてしまうようであれば、どんどん自分が幸せだと思った瞬間をノートに書いたり、SNSで発信をしていきましょう。(周りにばれないようにアカウントを作るのです)

必ずあなたと同じ様な「幸せの基準」「価値観」を持っている方もきっといると思いますよ^^

他人と比較しないための方法を伝授します!

笑顔

自分にとっての「幸せとは」は明確になってきたでしょうか。これはたくさんあった方がいいですね^^自分の幸せは自分で決めればいいし、他人にどうこう言われても、そもそも人は個性を持って生きているので基準が違います。

あなたの中にある基準で幸せを見つけ、とことん幸せになっていけばいいです。他人は他人の幸せの基準があるから。

私だったら幸せを感じられる人(あなた)と一緒に居れると、それだけで「幸せな気分」になれるだろうし、あなたが気がつかないうちに周りは幸せのエネルギーを与えていると思います^^

たまにいませんか?「この人と一緒にいると元気になる!」とか、一緒にいるだけなのにすごくパワーを感じる人。

そういう人になっていけると思うので、私は日頃からたくさんの小さな幸せを感じ、毎日に感謝できる人間になっていきたいと思います。

これからあなたに幸せの基準を決める二つの方法を伝授していきますね!

①「幸せの基準」は自分で決めるべきもの。

私が思うに「幸せ」の基準は自分で決めるものだと思っています。

何度も言いますが、ぶっちゃけ他の人が自分と同じ価値観を持っているのかって、関係ないんです。高いとか低いとかではなく、自分で今ある日常生活に幸せを感じているのであれば、それ以上に幸せなことはありません。

だって幸せに気づいていること自体、とてもとても素晴らしいことだと思うから。

せっかく気がつけた幸せを大切に育てていきましょう。

ちなみに私は…

 

  • 朝起きてカーテンを開け朝日を浴びた時
  • 朝から大好きなホットケーキ食べれた時
  • 大好きな人としょうもない話で大笑いした時
  • クライアントさんに感謝された時
  • 散歩して身体にイイコトした時
  • ふかふかのベッドで眠れた時
  • 満員電車で奇跡的に席が空いた瞬間
  • お気に入りのアロマでお風呂に浸かる瞬間
  • 天気が良くて布団をベランダに干す時

 

などなど、ま〜上げるとキリがないんですけど普通に「幸せや〜(≧∇≦)/」と声に出してしまうほど、どれも幸せだな♪と感じる瞬間です。

自分でたくさんの幸せを見つけて、沢山の幸せ基準を作りましょう。

②”幸せ”はどうやって探すのか。

探す

では、幸せの探し方がわからない方もいらっしゃるかもしれないので「幸せはどうやって探せばいいのか?」についても、一緒にお話をしていきますね。

あなたの中にある幸せにもっと気づかせてあげましょう。

これはとても簡単です!自分から日常の”幸せ”にとことん意識を向けるのです。

例えば、私が今からあなたに「街の中にある青いモノを探してください」と伝えたとします。

そしたら、きっと探すと思います。

街中にある、

  • 青い信号
  • 青い空
  • 青い洋服の人
  • 青い看板
  • 青い布団

などなど、こうやってちょっと意識するだけで気づくことができると思います。

これと同じで人間の頭というのは優秀で、ちゃんと自分で見つける力を持っています。今からでもできることなので、自分の中にある「幸せ」を沢山書き出してみてください^^

きっと案外たっっくさん見つかると思いますよ。そして見つかった分、あなたはどんどん心豊かに幸せな人生を歩むことができるはずです。

最後に:とことん幸せになればいいじゃん!

今回は、幸せの基準が低いことに悲観的になっている方に向けて、

  • 幸せに気がついていること自体素晴らしいこと
  • 幸せの基準は自分で決めればいい
  • 幸せをたくさん見つけて感じて豊かな人生を送ろう

こんなメッセージを感じていただけたら嬉しいなと思っています。

幸せの定義は自分で決めて、たった一度の人生なんだからとことん幸せになっていきましょう!私もあなたに負けないくらい、たくさん幸せになって人生を思いっきり楽しんでいこうと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございます^^次回もおっ楽しみに!

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。