エコノミークラスの長時間フライトが辛い時の対処法と快適グッズを紹介するよ!

Kanako
こんにちは!Kanakoです!

旅をし続けていると、どうしても避けられないのは長時間フライト!

ヨーロッパやアメリカに渡るとなると、約10時間は超えますよね。

エコノミークラスは航空会社によっては、前との座席のスペースや隣の人との感覚も微妙にちがっってきます。しかも長時間同じ姿勢なので、飛行機でいかに快適に過ごすかはとても大事だと思っています!

エコノミークラスで長時間フライトが辛い!

飛行機の羽

旅の予定が立って、その日が近づくのが待ち遠しくてドキドキワクワク♪

旅行の前日は楽しみでなかなか眠れずに寝不足で旅行当日を迎えることもしばしば(笑)

私は特に狭い空間が苦手…長時間フライトでは辛いことが多かったんですよー。

長時間フライトで一番辛いときって人によってさまざまですよね!

とにかく暇っていう人は、映画をダウンロードしてため込むことをおすすめしますが、そのほか体調にも影響がでる方も多いのではないでしょうか?

辛い時の対処法!

実際に私がエコノミークラスの長時間フライトに乗った時、どんな状況でどんな対処法で快適に過ごしてきたのかを紹介しちゃいます!

❶長時間同じ姿勢でエコノミークラス症候群になる

エコノミーですと、3列シートまたは4列シートがほとんど。

特に真ん中ですと、トイレにも行きにくいし気を遣うポジションですね。

とにかく狭いし、動けないから血流が悪くなってしまって、ちょっと眠って覚めると気分が悪くて、エコノミークラス症候群になっていることもたまにあります。

『旅行者血栓症』といって、飛行機だけでなく、同じ姿勢であることが長時間続くと足の血管に血液がたまって膝の裏や太ももの奥にある静脈に血の塊ができてしまうこと

胸の苦しさや息苦しさを感じると、赤信号!

初期症状はしびれやむくみ軽度な症状であらわれるので、できるだけ早めの対処が必要!

対処法

できるだけ寝る時に近いリラックスした服装を選ぶこと!

10時間以上のフライトになると、ゴムがついていてお腹をしめるものを履いていると、血流が悪くなって気分が悪くなりやすかったりします。

もう一つは、靴下をゆるいものにしたり、履かないこと!

家にいるようなリラックスした感覚にもなれますよ~。

逆にむくむから嫌だ!という方は、『着圧ソックス』を履いておくのもおすすめ!

定期的に足の指をジャンケンして指体操をするだけで、血流をよくすることもできるので早め早めの対処をして快適に過ごせるようにしましょう!

❷喉が痛い

機内はエアコンがききすぎていて、乾燥がすごいので、軽い風邪を引いてどんどん悪化!

■対処法

お水を常に意識して飲みましょう!

とにかく乾燥している機内は、喉にダメージを与えてしまいます。水分を取ることを意識して、乾燥させないように意識が大事!のど飴があると、耳鳴りの対処法としてもおすすめ!

❸機内の温度寒い

機内の温度はとにかく低い!寒すぎて、風邪もひきやすい。

■対処法

できるだけ厚着を意識して、飛行機に乗り込みましょう!

以前、ジェットスターでオーストラリアに行ったときはエアコン寒さで何度も目を覚まして辛い思いしました!寒がりな方は、ユニクロのダウンがあってもいいと思います!そのくらい寒い~!

たりなければ、ブランケットを添乗員さんにお願いしましょう!!

❹狭い空間が辛い

エコノミークラスは前との座席、横の人との感覚が狭いので、狭いのが苦手な方、気分が悪くなる方もいます。

■対処法

狭い空間が苦手なかたは通路側の席を指定しましょう。

私は狭いのが辛くて、当時真ん中の席にしていたのですが、その便に空席があったため事情を説明して、通路側に変えていただいたこともあります

通路側は視界も広くなるし、トイレにも我慢せずにいけるので快適度は増します!

快適グッズを紹介するよ!

海

私のおすすめ快適グッズ!

ぜひ、長時間フライトのお供にバックに忍ばせておくとやや快適になると思いますよ!

ビーサン

トイレに行くことを考えると、面倒な靴やヒールのあるものですと、履くのも面倒だったりして、一つ折り畳めるタイプのスリッパをバックに忍ばせておくとgood!

なぜビーサンか?実は飛行機内のトイレって時々濡れているからです。折りたたみタイプのスリッパだと布製のものが多いので濡れると湿ってしまいます。

●布のマスク!市販のマスクはおすすめしません。

普通の市販で売ってるマスクでもいいのですが、とにかくゴムがきいてるので、長時間つけているのはつらいんですよね。そこでおすすめなのが、最近雑貨屋さんでも販売している布マスク。手作り感のある布のマスクはゴムの調整ができるものもありますよ♪

■ユニクロのリラコ!柄も種類豊富で可愛い!

とにかく部屋に近い服装をすることをおすすめします!

リラコは素材がソフトではいていて、快適。ゴムも緩めなので普段Mサイズだったら、ワンサイズ上げたサイズのリラコがいいと思います。

私は、寝る時の格好で飛行機に乗り込み、飛行機を降りてから着替えることがほとんど。

10時間もジーパンで履いておくと、動きずらいし、とにかく辛い!長時間フライトはいかに快適に過ごして、眠ることが出来るかが大事。

周りはどんな格好してるなんてみてないし、外国人のほうが逆に奇抜で個性的な服を着ているので、きになりませんよ(笑)

300円の首枕(ダイソー)で首も快適で温かい

ダイソーに旅行グッズが沢山売っていますが、、その中でみつけたのが300円の首枕!

長時間ですと、絶対眠くなるし首も時々回さないと凝ってきますよね!ただし!首枕はできるだけ自分にあったものを使うことをおすすめします。

肌さわりもよくて、やや硬めなのがおすすめです!

最後に

長時間フライトの辛い時の対処法をご紹介しましたが、いかがでしたか?

私が一番辛いのは同じ姿勢で一度エコノミー症候群になったことがあり、真夜中に通路に倒れて周りに迷惑をかけてしまったことがありました。

その時はまったく指の運動もしたりしていないし、普段の服装です。

それから、できるだけ快適に過ごすにはどうすればいいのかを考えて、自分の中で快適グッズをそろえていき、少しずつ飛行機での過ごすのが楽になっていきました♪

絶対やることは、座席を通路側を取ることや服装、こまめな運動は快適に過ごすためにとても大切なことなので、ぜひご参考にされてみてくださいね♪

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

素敵な旅を楽しんできてくださいね!

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。