【職場】マウンティング女子を回避&かわし方!原因はコンプレックスとストレス?

Kanako
こんにちは!Kanako(@KanakoOnishi)です。

職場の中に必ずといっていいほどいる、「マウンティング女子」に悩んでいる方は多いですよね。

今回は私の職場にも実際にいたマウンティングだなと思う女子を参考に対処してきた方法を紹介していきます!

なんとか撃退したい方は必見です!またマウンティング女子がマウンティング発言してしまう原因も探ってみましたので、ぜひ当記事を参考に回避&うまいことかわしてしていきましょう!

【職場】マウンティングってどういう意味?

マウンティングとは、本来動物が自分の優位性を表すために相手に対して馬乗りになる様子をいいますが人間関係においては「自分のほうが優位」と思いたいがゆえに、「私のほうが他人よりも幸せである」と一方的に格付けし、自分の方が立場が上であると主張し、更にそれをアピールするのがマウンティング女子です。

引用:https://type.jp/s/caretopi/relationship/20160205.html

一言でいうと、「自分の方が優位ですよ」と言葉や態度でアピールする行為のことです。

流行り始めたこの「マウンティング」という言葉は2014年にヒットした沢尻エリカ主演のドラマ「ファーストクラス」がきっかけ。

このマウンティングは基本的に女性に多いのですが、男性の場合でもマウンティングという行為は存在しています。

男性の場合は、「給料が40万円から上がらないなぁ」とか、「僕は勉強なんてほぼしてないけど、〇〇大学(超有名な大学)卒業したんだ」と学歴や収入に関して、自分が優位にたとうとする傾向があります。

【職場】マウンティング女子の3つの大きな特徴

マウンティング女子の大きな特徴を3つあげたいと思います。

プライドや理想が高い

女性

マウンティングという言葉に、「自分が他人より優位に立ちたい」という意味があるように、常に自分は優れている位置づけで接しようとします。

それはやはり元々プライドが高く、誰かより勝っていないと気が済まない性格です。負けず嫌いであると共に、心の奥底に猛烈な闘争心を抱えている方が多いです。

上から目線でもモノを言うのが大好き。

「この人、全然仕事できないんだけど」とか「あの人は〇〇だから彼氏ずっとできないんじゃない?」とか…。

私の周りにも以前いましたが、これ言われた時、腸が煮えくり返りそうになりました(笑)

そういう人こそ彼氏とすぐ別れたりしますしね。「お前に知ったこっちゃねーーーーわ!」って思いましたよ(-_-)

比較するのが好き

優位に立っている時の快感を覚えることから、常に人を比較しがちです。

「この人はこの仕事できないし、遅い」「あの人は頭が悪いから仕事ができない」などなど、日頃から観察眼が鋭く、行動一つ一つに念入りなチェックが入るのです。

相手の弱点が見えたら、即!比較してマウンティング発言をします。

恐ろしいのは自分の事は棚に上げての発言も多く、私はこういった比較する人ほど、仕事できない、または性格に問題がある方が多いんじゃないかなと思っています(笑)

だから、相手に対して「自分だって仕事できないじゃん!」「ダサいな〜」なんて思うこともしばしばありました。人を見下すような比較の仕方をする人は人間性を疑われるし、そういう人ほど本当の意味での友達や恋人は持っていないのではないでしょうか。

ただ、別に私は「比較すること」が悪いとは思っていません。

例えば自分と憧れている人と比較した結果「こういう人になりたいな!」と思って、「もっと自分も頑張ろう」と思えるのは良い「比較」だと思うんですよね。

自慢してスゴイと言われたい!

女性

マウンティング女子は、とにかくみんなに認められたい願望が普通の人に比べるとめちゃくちゃ強い。

自慢といえば、いろいろありますよね。

ママ友の間では、夫の学歴や経歴、会社の立ち位置などなどを、さりげなくアピールしてきて「ね?私の旦那ってすごいでしょ?」と間接的に相手に「スゴイ」と言わせようとする傾向があります。

職場でも同様です。よくあるのは彼氏自慢や、プライベートな話の自慢。

「今度の有給はヨーロッパで美術館巡るの〜。あなたはどこ行くの?え?どこも行かないの?」なんていう人も。

こういったさりげない自慢話は完全にマウンティング女子の最大の特徴だと思います。

【職場】マウンティング女子の原因はコンプレックスやストレス?

女性

では、職場で特に多いマウンティング女子の原因っていったいなんでしょうか。

私が思う原因は、「日本の生きづらい社会」ではないかと思います。

日本の8割は未だ会社勤めで、大きな組織に所属して仕事をしています。

しかも、週の大半を会社で過ごすわけですから、「人生=仕事」になりがちですよね。

大手企業であれば、なおさら「出世争い」や「昇格」などがあり、常に誰かと比較して仕事をしなければならない環境であると思うのです。

そんな中で、よっっぽど自信のある人なら、人生も順風満帆でしょうし、比較することすらないと思うのですが、人間の心というのはそんなに強くはありません。

だからなんとか自分の幸福度を上げるために、自分の弱い心を隠して誰かと比較して、自分が優位な立場であろうとするのだと思うのです。

でも、他人と比較して優越感に幸せを感じても、それは本当の意味で「幸せ」ではないですよね。

マウンティング女子には以下のようなコンプレックスがあると考えています。

  1. 自信がない
  2. 自己肯定感の低さ
  3. 承認欲求が強い
足,画像

こうやっていくつか上げてみると、「私もそういうところがあるな〜」と思いました^^;(笑)

意外とみんなどこかに「マウンティング」の性質をうちに秘めているのかもしれません。

マウンティング女子はただもっと単純に「幸せ」を感じたいだけ。不器用な人間なのでしょう。

私も特に取り柄がなく自信はない方で、それにともなって自己肯定感も普通の人に比べてより低い。だからその分、承認欲求というのは強いほうだと思います。

やっぱり誰かに認められると、すごく嬉しいし、安心感も得られますしね。

私は一年ほど前に起業して、誰かと比較される環境にそもそも身を置いていないので、精神的なストレスはないですし、本当の意味で毎日「幸せ」を感じています。

それは、ブログマネタイズのスキルを身に着け、他人に振り回されないで自分軸で生きることができるようになったからです。

しかし、ビジネスを始める以前まではこういったマウンティング女子と同じようなコンプレックスを持っていました。

だから、マウンティング女子こそ、余計に「自分でビジネスすればいいんじゃないか」とも思うのです。

自分でビジネスしちゃえば、誰かと比較することなく自分の生きたいように生きることができるし、また誰かに比べられる必要もありません。

マウンティングする女子もマウンティングされる女子も、まずは働き方や環境を変えることでコンプレックスを減らし、比較される環境から解放されるのが「幸せへの近道」ではないでしょうか。

人は自分に足りないものを抱えて生きていますが、それは誰もがそうであって当たり前なことです。

もし、あなた自身が会社などの組織(環境)に「苦しいな」と感じたら、やはり環境を変える。仕事を変える。何かしらアクションは起こすべきだと考えています。

【職場】マウンティング女子への効果的な回避方法やかわし方!

それではこれから、私がおすすめするマウンティング女子への効果的な回避方法と交わし方を伝授します!

できそうな対処法から試してみてくださいね!私も実際に実践してきた方法です^^

基本的にマウンティング女子と関わらない

会社に勤める限り、必ず毎日のように顔を合わせて関わらないといけないと思いますが、できるだけ言葉をかわさないですむようにしましょう。

「避ける」といったら極端な表現になりますが、マウンティング女子から発する言葉は基本的に「ネガティブなエネルギー」を持っています。

人は自分の身体から波動を出しているので、敏感な人ほどネガティブ、マイナスエネルギーの影響は受けやすいです。

それにともなって、ストレスや体調を崩しがちになるので、できる限り「言葉をかわさない」!これを意識していくと良いです!

また、どうしても関わる機会がありマウンティング発言が始まったら、話は聞いても右から左へ聞き流す!これを徹底すること。

基本張り合わない

女性

今までマウンティング女子の特徴をお伝えしてきた通り、とにかく比較したり、自分が優位にたとうとするわけなので、張り合っても意味がありません。

まじで、疲れるだけです。だから、基本的に張り合いません。

私は、こういうとき「相手を5歳児の女の子」だと思って接するよう心がけてきました。

話してきても「あ、そう。」平然を装うイメージで、あまり大げさにリアクションしないようにしましょう!

人はリアクションされると、自分が認められていると勘違いをしがちなので「この子ならもっと私の話を聞いてくれる」「もっと話を聞いてほしい」と、より相手からのマウンティング発言が増えてきます。

冷静に平静を装って回避、かわしていきましょう!

自分の事はいっさい口にしない

女性

自分の事はいっさい口にしないようにしてください。

なぜかというと、ご存知の通り、相手は「張り合うのが大好き」だからです。

くれぐれも「私今週末彼と〇〇のお店に行ってくるの〜」なんて言わないように。そこからマウンティング女子の張り合いが始まります…。

例えば、嘘でもいいので、「彼氏はいない」というのも一つの手段だと思います。

自分から言ったことは、常に相手が比較したり、張り合ってくることを頭に入れて、マウンティング女子を回避、かわしていってくださいね。

また、自己開示させようと相手はあれこれ聞いてきますが、できるだけ自分のことは話さないようにしましょう!

相手がどう思うかはあなたの気にする問題ではない

女性

「嫌われる勇気」という心理学の世界で有名な本がありますが、ご存知でしょうか?

【書評】嫌われる勇気!私の心に残るアドラーの名言ランキングベスト3

2018.05.16

彼の本を読むと分かりますが、”課題の分離のお話”では、例えば「私が起業する」ということに対して、相手がどう思うか?は、相手の問題であって、あなたの気にする問題ではないことを提唱しています。

比べても、比べられても「幸せ」にはなりません。

意識すべきことは、相手が考えたり思ったりすることに過剰にあなたが気にする必要はないのです。

といっても人間は比較する生き物なので、「気にするな」というのはなかなか難しいと思うのですが、マウンティングしている女子に対して、くれぐれもマウンティングしてくる相手に対して、「自分のせいだ」とか思わないようにしましょう。

あなたはあなたのままでいいですし、相手に振り回される必要はありません!

最後に

私も実際に経験してきた話を元に「職場のマウンティング女子を回避&かわし方」や「マウンティング女子が生まれる原因、コンプレックスやストレス」というお話はいかがでしたか?

おそらくマウンティング女子は、組織や学校などの人間が団体行動をしなければならない場所では必ず一人はいると思います。

そこで、もしあなたが体調を壊すくらい悩み、苦しむのであれば、相手は「そういう人なんだ」といったん受け止めましょう。

私はいま「キャメス(CAMES)」という個性心理学を学んできたので、人間にはもともと持っている個性があることを知っています。その中で学んだことは生まれ育った環境や習慣から何十年もかけて、個性というのは育っているのでなかなか人の性格って変わらないことです。

マウンティングする人は、単に自分に自信がない、自己肯定感が低い、承認欲求などがあり、コンプレックスがあるから、自分を優位に立とうとします。

このことを少しだけ理解するだけでも、普段からの接し方は変えられると思いますので、ぜひ参考にされてみてくださいね!

相手は「5才児!」「かわいそうな人」という感覚で、できるだけ気に留めないように意識していきましょう。

では、長文最後まで読んでいただいてありがとうございました♪

心理学に関してはこれからもコンテンツを増やしていきますので楽しみにしていてくださいね!では!次回お会いしましょう!

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。