オーストラリアに塗り薬の持ち込みはOK?医薬品の規制や申告は必要?

エアーズロック
Kanako
 

こんにちは!Kanakoです!

今回は実はちょっと困った話題、『オーストラリアに塗り薬の持ち込みってOKなの?』といった疑問を解決したいと思います!オーストラリアでなくても、国によっては持ち込めるものって実は変わってくるんですよ〜!分かる範囲でお伝えしていきますね。

参考にされてみてください^^

国外の飛行機内持ち込みがダメなものって何?

国外で基本的に機内持ち込みがダメなもの、機内はダメだけど、預け入れの荷物に入れておけば問題ないものもありますので、ご参考にされてください。

危険物(持ち込みも預け入れもだめ!)

ガス・燃料・火薬・毒性・酸化性物質などの危険物はダメです。

例)漂白剤や酸素スプレー・可燃性のある炭・火薬類(クラッカー)・殺虫剤や農薬・スプレーやボンベ高圧ガス・オイルや塗料などの引火性物質・液体やバッテリーや水銀などの腐食性物質

■刃物やスプレー

刃物や尖った工具(折りたたみのナイフ)・サーフボード・日用品やスポーツ用のスプレー

※預け入れ荷物ならOKですよ!

■液体物

液体は基本的に100ml以下のものの容器に入っていれば、機内に持ち込めますが、その大きさを超える液体は預け入れに入れておかないといけません!

※機内に持ち込みしたいものは、100ml容器に液体ものを入れておくことと、ジッパー付きの中身の見える透明の袋に入れておく必要がありますよ。

『縦横合計40センチ以下に一人一つの袋のみ』

入らないときは、預け入れにしまっておきましょう。

液体物の例)歯磨き粉・缶詰め・ワサビ・プリン・修正ペン・ヘアワックスなど

塗り薬の持ち込みはOKなの?

塗り薬やコンタクトの保存液などは持ち込みできるのでしょうか?

オーストリアでは、【薬の持ち込みは申告が必要 】であること。

申告をしておかないと、入国審査の時に、持ち込みOKなものがその場で没収または、罰金をかせられる可能性もあるようです。

食べ物、薬なども持ち込みには気をつける必要があります!

例)食べ物(乳幼児の粉ミルク)・薬(頭痛薬や胃腸の薬や風邪薬)

どうやって申告するの?

オーストラリアへ向かう際に飛行機の機内で

『入国カード』というものが配られます。

この入国カードに、オーストラリアに持ち込むものを記入していきます。

オーストラリアへの持ち込み品の

【 禁止または規制されている物、医薬品、ステロイド、不法わいせつ物、鉄砲、武器、不法な薬物】

に該当するので、カードの右側のところに『はい』にチェックをつけておきましょう。

日本からオーストラリアへ飛ぶ時は、日本語の入国カードですが、他国からになると英語の入国カードが渡される可能性がありますので、ご注意くださいね。

医薬品の規制や申告は必要なのか?

飛行機の羽

塗り薬や飲み薬などの医薬品の規制については、入国カードでの申告が必要であることがわかりましたね!

もし、持病で病院からの処方箋が出ている場合は、かかりつけの先生に相談して、あらかじめその薬の中の成分を書いてもらっていると安心です。

入国審査の際に、聞かれたら、みせまうしょう!

薬に前もって、英語で薬の名前を書いておくといいでしょう。

●頭痛薬(Head ache

●腹痛(stomache)

●かゆみ止め(itch)

オーストリアは、こういった持ち込みには厳しめではありますが、万が一のため証明できるものが一目でわかるようにしておくとスムーズに入国審査を終えることができますよ!

最後に

オーストラリアは、他国に比べると持ち込みには厳しい規制があります。

それは『オーストラリアの農業などを保護したり固有の動植物を守るため』。

このような理由で持ち込めないものもや申告する必要があるものなど細かい規定があるということなのです。

※毛皮や羽製品、麦わらや漆製品やハイキングブーツなども申告の対象になるそうです!!細かいですね。

すこしでも心配なものは、入会カードに記入の際に、心当たりの該当した項目にマルをつけておきましょう!

これまでこのように処方箋に英語の成分の内容を記入していたり、塗り薬などの常備薬をもっている申告しているかたは入国審査の際に厳しいチェックは入らず、スムーズにみなさん入国しています。

入国しちゃえば、壮大な大自然がいっぱいのオーストラリアが待っていますよ!

思いっきり楽しんできてくださいね!良い旅を!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます^^♪

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。