【女性】やりたい仕事が見つからない時に起こした4つの行動!

Kanako

こんにちは!Kanakoです^^

今回は私が実際に経験してきた「やりたい仕事が見つからない病」をどのような行動を具体的に行なって、やりたい仕事を見つけたのか?について、4つの行動をお話させていただきますね。

おそらくこのページにたどり着いたあなたは何かやりたい仕事やことを探している途中だと思います。

私もそうだったのですが、探している事を諦めない限り絶対に見つかります!

というか…諦めないでほしい!!そして見つけた時は、そのことに感謝して行動を起こしましょう。

それでは早速始めましょう。

やりたいこと(仕事)が見つからない時期

私の20代は全くやりたい仕事が見つからなくて悩んでいる時期がありました。

プロフィールにも書いているように小さな頃からの夢である「幼稚園の先生」は理想と現実のギャップに耐えきれずわずか2年で退職しています。

それからやりたいことが見つからなくて、自信を持って自分の好きを仕事にしている人を見ると羨ましくてたまりませんでした。

目標や夢がなくなっている時期、自分にとっては苦しい時期でした。

でも、普通に考えたら、誰もやりたい事を見つける方法なんて簡単には教えてくれないです。

答はいつも自分の中にあった、それに気がつくのに時間がすごくかかりました。

やりたい仕事が見つからない時に起こした私の4つの行動!

では私はどうやってやりたい事を見つけることができたのか?

とにかくやりたい仕事を見つけたくて葛藤している時期に4つの行動を取ってきました。

私は幼稚園の先生を退職してから本能的に「人の役に立つ仕事につきたい」でも、できれば自分の好きな事をしながらシゴトにしたい!」というのがあって、見つけるのは困難だとなんども諦めそうになりましたが、なかなか諦められませんでした。

そんな思いをずっと抱えてとにかく、やりたい仕事を見つけるためにずっと手探り状態です。

わたしなりにいろんな行動を起こしてみました。

一つ目「幼少期の自分を思い出して好きを追求しよう!」

できるなら好きな事が仕事になるといいですよね!そのために好きを追求することは大切です。

小さい頃から好きなこと、趣味、特技って色々あると思います。
私は踊ったりすること・手相占いやスピチュアル系・自然・ピアノなどなど、思い出せば結構あります。

もし幼少期が思い出せなければ、母親や父親に「私小さい頃どんな子供だった?」と聞いたこともあります。

幼少期の頃って無邪気で本能的に活動しているので考えや自分の思いに正直ではありませんでしたか?

自分の『好き』を一番わかっていた時だと思うんですよね。

意外と小さい頃の好きなことを忘れている人もいますのでちょっと思い出してみてくださいね^^

私の場合は幼少期から踊ったりが大好きだったので趣味で始めてみることにしました。

24歳の頃に「フラダンス教室」また最近流行りの南米ダンス「ズンバ」にも通い始めました。

その結果フラダンスで大きな大会にも出ることができて、先生になる資格を取れるレベルまでのぼり詰めることができました。

結局は今はその仕事は選びませんでしたが、今でもやろうと思えばいつでもやれると思います。

小さい頃何をやりたかったのかを思い出すだけでもやりたい仕事を見つけるきっかけをつかめるかもしれません!

二つ目「3年後の未来を自分を書き出してみよう!」

女性

意外と自分のことがわかっていない人って多いと思うんですよね。

私も自分がこれからどうなりたいとかって20代はあまり考えていませんでした。

でもこのままズルズル年齢を重ねるのは嫌だったこと、何か目標や夢を持ちたいと考えたので3年後の未来リストを作ってみました。

3年後の未来にどんな自分でいたいのかをざっくりですが書き出してみたんです^^

そしたら私の三年後未来リストには

  • 「好きなことして暮らしてる」
  • 「綺麗な海の近くに住んでいる」
  • 「経済的な自由を得ている」
  • 「人に役に立つ仕事をしている」
  • 「大好きな人と毎日一緒に過ごしている」

とかいろんな自分のなりたいイメージが出てきました^^

意外とたくさんある〜〜(笑)
1時間くらいでスラスラーっと出てきましたし、気がついたらニヤニヤしてました^^

こうやって実際に書き出すだけでも明確な目標は自然と出てきます。
「好きなことして暮らしている」「経済的な自由を得ている」

これのように理想の未来を明確にイメージしていけば、必然的に今何をすればいいいのかわかってきませんか?

それから、まずはネットサーフィンをしてその方法をずっと探していました。

その時に私はいま行っているビジネスに出会ったんです。
経済的な自由も得られていますし、好きな事をしながら海の近くにも住んでいます。

ただ、ずっと同じ場所に縛られずにすむので、そのうちまた違う土地へ行くと思います。

こんな感じで自分の未来をしっかり明確にすると、何をすればいいのかわかりますし、あとはその方法を調べて実践するのみです。

ぜひ3年後の未来の理想のなりたい自分を書き出してみましょう!

三つ目「安定という言葉を捨てよう!」

草原

安定というのは今お勤めであれば会社に属している事です。毎月同じ金額のお給料が同じ日に必ず入ってきます。

でも、それって安定なのでしょうか?

突然会社が倒産する可能性だって今の世の中十分ではあり得ませんか?

しかも、一般のお勤めの会社員ですと週7日間のうち5日間は会社に毎日8時間拘束されます。

たった一箇所にある会社(環境)にいたら逆にやりたい事を見つけた時に辞めにくくなっていくのではないでしょうか。

私は安定を求めていたらやりたい仕事は見つけにくいと考えています

確かに給料も安定しているし、困ることもないかもしれません。
でもやりたい仕事を見つけてみたいのなら、今の仕事に固執する執拗はないと思います。

むしろ8時間も拘束されるなら、4時間と4時間で他のバイトを掛け持ちするとやったことのない仕事ができるし、何か違う気づきを得られる可能性もありますよね?

価値観の違いかもしれませんが、安定という言葉に安心して仕事を一つに絞る必要はないのではないかと思うんです。

あなたでないとその仕事ができない、それ以外であれば「安定」という言葉を捨てて、違うジャンルの仕事にも挑戦してみると、またあなたのやりたいシゴトに出会える可能性は出てくると思いませんか?

四つ目「スキルを身につけて収入源を増やそう!」周りがやっていないことを率先してやる

一番オススメの方法なんですが、スキルって目に見えないものですが一生使えるものです。

私はやりたい仕事を見つけるために、まずスキルを身につけることにしました。

それは、私にとってやりたい仕事の条件の一つに、「あまり周りがやっていない自分にしかできない仕事をしたい」というのがあったからです。

例えば、英語を話せる通訳士や美容師もそうですね。髪の毛を切るスキルなどたくさんこの世の中には目に見えないスキルが存在しています。でもどれも、競合性が高くスキルを身につけるには時間と費用がかなりかかりますよね。

そこで、私はネットビジネスの中でも初心者に最も適しているブログアフィリエイト」に挑戦することにしました。

すでに参入者は多いものの、成果を出す人があとをたたず、副業から始めても誰もが独立を目指すことができるからなんです。

今たった一つのブログで独立できましたが、その後私は自分のスキルを販売するという仕事をしています。

理由は明確で、私のようにやりたい仕事が見つからないという人にネットビジネスで人生を変えることができる、名もなき個人が起業をして独立することができることを一人でも多くの人に伝えていきたいからです。

稼げるだけでなく、自分の趣味や好きなことに存分に時間を使えますし、そこから自分の好きをどんどん加速していくことができます。

まとめ

犬

やりたい仕事を見つけるために行動した4つの行動はいかがでしたか?

やりた仕事を見つける方法って探せばたくさんあります。今回お話ししてきたことに年齢はいくつになっても遅くはありません。

ちなみに私は30代で起業しましたよ。ぜひ試しに4つの行動をぜひ参考にされてみてくださいね^^

最後まで長文、読んでいただいてありがとうごさいました〜!!それでは次回もお楽しみに!

Kanako
私、Kanakoは今現在、一か所に定住することなく、本当の意味での自由な暮らしをしています。 シゴト道具はPC一つだけです。

しかし…

最初はこんな暮らしができるなんて、これっぽっちも思っていませんでした。

私がこの方法に出会えたのは「他人と比較される人生をやめたから」です。

好きなものは好き!嫌いなものは嫌い!と本音をハッキリ言えたり、好きな人と好きなだけ好きなことをするために「自分軸の生き方」を選びました

そうやって今は常に本来の姿(素の自分)で、場所に縛られないシゴトを楽しみながら、自由な旅人人生を送ることができています。

どうしてKanakoが世界中をシゴト場にして自由気ままに暮らすことができるようになったのか?

ご興味のある方はよかったらプロフィールをご覧になってみてくださいね!!

こちらです。